一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

(公財)工作機械技術振興財団の試験研究助成等の公募

研究助成

 (公財)工作機械技術振興財団は昭和54年、工作機械関連技術の高度化を目的として設立された公益法人です。工作機械技術の発展に貢献している学者、研究者のみならず、将来を担う若手の学生などを支援し、また、その功績を顕彰しております。

今年度は下記の通り公募いたします。

 

1.表彰(工作機械技術振興賞・論文賞)

【表彰対象】工作機械の開発、生産、利用に関する技術の研究であって、新規性、独創性、産業への応用性などを勘案し、将来の工作機械技術の発展進歩に寄与する優秀な論文.

本募集締切前の1年間に、学会などの公的機関が発行する機関誌に掲載された単一の論文であること

所属学会、他財団等からすでに表彰された論文は対象外とします

【応募資格】国内外の大学、高等専門学校、公的研究機関および企業の研究者

国内の研究者の場合は、所属する機関の長による推薦を受けること

海外の研究者の場合は、当該国内の学会または公的機関の推薦を受けること

所属学会、他財団等からすでに表彰された論文は対象外とします

【表彰内容】賞状(著者全員)ならびに賞金(論文1件あたり50万円)を授与

【申請期間】2024年2月29日

2.工作機械の試験研究に対する助成

【対象】工作機械の開発、生産、利用に関する基礎的、応用的な技術の研究

試験研究助成A 大学、高専、公的研究機関および企業の研究者など

試験研究助成B 博士後期課程に在学中あるいは博士後期課程に進学予定の学生

【対象研究期間】原則として1年間(2024年7月~2025年6月)

【助成金額】試験研究助成A:400万円、試験研究助成B:100万円

【申請期間】2024年3月31日

3.特別試験研究助成

【助成内容】工作機械技術の本質を踏まえた学術的研究の奨励を意図し、研究ユニットを構成してプロジェクト形式で実施する研究

対象は、試験研究助成Aに準ずる

【対象研究期間】最長3年間

【助成金額】300万円~600万円/件を目安とし、数件をまとめたプロジェクトを構成した上で助成対象とします

(研究ユニットに対する助成額は2千万円~3千万円となります)

【申請期間】随時(但し年度予算額に達した場合、途中で募集を終了することがあります)

4.海外国際会議での研究発表に対する支援

【支援内容】海外で開催される工作機械に関する国際会議に参加し、自らが行った研究・開発の成果を発表したいと希望する若手研究者に対し、渡航費、滞在費、会議参加費などを助成する(Web参加も対象)

【対象国際会議】世界的に知名度が高い学協会が主催する国際会議(euspen,MATADOR,CIRP,ASPEなど)

【応募資格】博士前期、後期課程に在籍中の学生、助手、助教(工業高専等の場合は講師を含む)および公的研究機関の満30歳以下の研究者

【支援金額】35万円以内の実費

【申請締切日】

国際会議開催月 申請締切日 審査
2024年1期 1~4月 2023年12月10日 12月20日
2024年2期 4~7月 2024年  3月15日 3月末
2024年3期 7~10月 2024年  6月15日 6月末
2024年4期 10~1月 2024年  9月15日 9月末

5.国際会議開催に対する支援

【支援内容】工作機械技術に関係し、2年以内に国内で開催する国際会議の開催費用の一部を支援(Web参加も対象)

【支援金額】上限50万円

【申請期間】随時

 

詳しくはホームページをご覧くださいhttp://www.kousakukikai-zaidan.or.jp

公益財団法人 工作機械技術振興財団  〒152-0031 東京都目黒区中根2-3-19

TEL 03-5731-0709 FAX 03-5731-0819

公募一覧へ