一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

東京理科大学創域理工学部機械航空宇宙工学科助教の公募

申込締切日:2024年9月17日 | 大学

■ 募集人員 ■
助教(任期制)2名(任期:5年)
■ 所属 ■
東京理科大学創域理工学部機械航空宇宙工学科
(勤務地:東京理科大学野田キャンパス)
■ 専門分野 ■
・圧縮性流体、航空宇宙機設計、宇宙機システム
・MEMS、ナノマイクロシステム、構造機能材料
・構造力学、破壊、計算力学、数値シミュレーション、数値計算手法
・構造用複合材料、アディティブマニュファクチャリング
・機械材料、複合材料、材料評価
のいずれかの分野
■ 教育担当 ■
・機械航空宇宙工学実験 1・2
・微分積分学および線形代数学演習 1・2
・機械航空宇宙力学演習 1・2
■ 応募資格 ■
・博士の学位を有する方、あるいは着任までに取得見込みの方
・学部および大学院の教育・研究に対して熱意と意欲のある方
・学内外の研究者と学際的な連携研究を積極的に実施できる方
・学科・学部・大学院の運営に積極的に貢献できる方
■ 着任時期 ■
2025年4月1日
■ 提出書類 ■
(1)履歴書
(2)教育研究等について
・業績リスト (応募者氏名に下線を付した査読付き学術論文・著書・国際会議プロシーディングス(査読有り、無しの別に分けること)・解説・報告及び報告書、招待講演(国際会議、国内会議の別に分けること)、特許、外部資金(科研費・その他助成金等、代表・分担等)獲得状況、受賞歴、海外留学歴等を記載のこと。研究業績リストの表紙に氏名、各項目の件数を明記した表を記載のこと)
※原則として、以下の記載方法に整えること。
(ア)作成年降順に記載すること。
(イ)連名・共著の場合は、記載順に全員の氏名を記載すること。但し、連名・共著者が多い場合は少なくとも第 1 著者名、他何名と記載し、自身が何番目の著者か分かるように記載すること。
(ウ)コレスポンディング・オーサー(責任著者)にアスタリスクをつけること。
(エ)自身の氏名にアンダーラインを引くこと。
・これまでの研究概要と採用後の研究計画(A4_1 枚程度)
・これまでの教育活動の実績や今後の抱負(A4_1 枚程度)
(3)応募者について照会可能な方 2 名の氏名と連絡先等
(氏名、所属・職位、メールアドレス、電話番号、照会可能者との関係)
(4)学位記の写し(学位取得証明書でも可、応募時「取得見込み」である場合には、採用時の提出とする)
(5)主要論文等の写し
※照会可能な方の2名の推薦書をお願いする場合があります。この場合は別途ご連絡いたします
■ 書類提出先 ■
以下の応募フォームからご提出ください。
応募フォーム: https://tus.qualtrics.com/jfe/form/SV_72ibJYSEf1h8zCS
■ 選考方法 ■
書類審査、面接
■ 問い合わせ先 ■
東京理科大学創域理工学部機械航空宇宙工学科主任 高橋 昭如 takahash@rs.tus.ac.jp
■ その他 ■
・本学及び学部・研究科等の求める教員像及び教員組織の編成方針を以下 URL からご確認ください。
https://www.tus.ac.jp/about/university/editorial_policy/
・東京理科大学では、女性人材を積極的に育成、活用し、活躍を支援する大学となることを目標としています。
女性の積極的な応募を期待します。
女性教員活躍支援のための方策(妊娠・出産なさった方、育児・介護等に取り組む方へ、仕事との両立を支援する各種制度等)について以下 URL よりご確認いただけます。
ダイバーシティ推進会議:https://www.tus.ac.jp/tcw/
・育児・介護休業等取得の期間及び本学における過去の雇用状況によっては、任期延⻑の特例が適用される場合があります。
・研究目的での海外の大学や研究機関への一定期間の滞在を支援する「在外研究員制度」を実施しています。
・東京理科大学キャンパス内は指定場所以外、禁煙となっております。
https://www.tus.ac.jp/tuslife/campuslife/academy/nosmoking/

公募一覧へ