現在募集中の特集号企画一覧

特集号へ投稿される際は,特集号用テンプレートを使用して下さい.

「ロボティクス研究の最前線」

内 容:ロボティクスシンポジアは,日本機械学会(ロボティクス・メカトロニクス部門),日本ロボット学会, 計測自動制御学会(システムインテグレーション部門)が共催するシンポジウムである.毎回,幹事学会は持ち回りとしており, 今回の第23回 (2018年3月開催)は,日本機械学会が幹事学会である.本シンポジウムは,フルペーパーによる査読を経て発表論文の採択を決定しており,発表 件数80件程度,採択率80%程度である.また発表時間も30分と長く,大変質の高いシンポジウムとなっている. 本シンポジウムでは,日本機械学会論文集(和文)とRobomech Journal(Springer,ロボメカ部門の欧文誌の位置づけ)とで特集号を組むことで, 良質の論文を出版したいと考えている.なお、本シンポジアから、論文投稿時に、日本機械学会論文集の特集号もしくはROBOMECH Journalへ論文を 同時投稿できる試みを実施しており、本シンポジアを通して得られるレベルの高い議論を活かした原稿校正を行うことができる.また,発表論文 そのままの投稿は認めず,新規な内容を反映させた論文を投稿することとする.

掲載予定: 2018 年 8 月号

投稿締切:2018 年 1 月 31 日(水)

投稿の際の注意事項: 投稿の際は,セクション/カテゴリー : 『ロボティクス研究の最前線(第23回ロボティクスシンポジア特集号)』を選定し投稿手続きをしてください.

「TRANSLOG2017」

内 容:交通・物流部門の研究発表講演会として,第26回交通・物流部門大会(TRANSLOG2017)が2017年12月4日 から12月6日に開催されます.本講演会は,自動車,鉄道・新交通,航空・宇宙,船舶・海洋,昇降機,レジャー・遊戯施設,物流システム,荷役・ 搬送,建設機械など,交通・物流に関する幅広い研究発表を対象とした講演会です.本特集号では,TRANSLOG2017で講演・ディスカッションを経た 研究成果について,研究論文を募集します.

掲載予定: 2018 年 10 月号

投稿締切:2018 年 2 月 28 日(水)

投稿の際の注意事項: 投稿の際は,セクション/カテゴリー :『TRANSLOG2017』を選定し投稿手続きをしてください.

「動力・エネルギーシステムの最前線2019」

内 容:動力エネルギーシステム部門の中心的な研究討論会として第23回動力・エネルギー技術シンポジウムが 2018年6月に開催される.本特集号では,本シンポジウムにおいて発表された研究成果のみならず,動力エネルギーシステム分野の最先端の研究から 社会基盤を支える技術の最新トピックなど,幅広い分野の研究論文を募集する.

掲載予定: 2019 年 3 月号

投稿締切:2018 年 8 月 31 日(金)

投稿の際の注意事項: 投稿の際は,セクション/カテゴリー :『動力・エネルギーシステムの最前線2019』を選定し 投稿手続きをしてください.

「設計工学とシステム工学の新展開2018」

内 容:本部門では、システム的に広範な知識を総合する設計工学の観点から,ものづくりやその設計において、 当面する問題や将来を見据えた問題解決を幅広く扱っている。2017年9月に開催される設計工学・システム部門講演会(D&S2017)では、120件程の発表が 予定されており、その発表論文の中から優れたものを選び、特集号としたいと考えている。選ばれた論文著者には、講演会でのコメントや議論をベース として加筆・修正を行わせ、学術誌論文に相応しいものとしてから投稿させ、その後査読を経て採択されたものを集めて特集号とする。

掲載予定: 2018 年 11 月号

投稿締切:2018 年 3 月 31 日(金)

投稿の際の注意事項: 投稿の際は,セクション/カテゴリー :『設計工学とシステム工学の新展開2018』を選定し 投稿手続きをしてください.

Copyright © The Japan Society of Mechanical Engineers, JSME, All Rights Reserved.