No.13−134  講習会 とことんわかる自動車のモデリングと制御2013
(
交通・物流部門 企画)

協賛(予定):計測自動制御学会,自動車技術会,システム制御情報学会,精密工学会,電気学会,電子情報通信学会,日本工学会,日本シミュレーション学会,日本ファジィ学会,日本フルードパワーシステム学会

開催日 1125日(月)

会 場:日本機械学会(東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5F

趣 旨未曾有の被害をもたらした2011311日の東日本大震災以来,産業機械の安全・安心を確保するための信頼性に係わる技術は,よりいっそう重要なものとなっており,その考え方を確立することはとても大切なことであります.しかしながら,「安全・安心を確保する」ためには,適切な「技術の知識」を充分に培っておく必要があります.そこで,日本機械学会交通・物流部門では,制御系開発の話題を中心に,初心者から上級者まで技術の要点を理解できるようにするための場として,「とことんわかるモデリングと制御」を2001年度より毎年実施しております.本年度は,基礎とその応用(開発事例)がリンクする内容構成として,各講師より最先端の成果をわかりやすく説明していただきます.

 

題目・講師

9.20-9.30 開会挨拶(委員長)

 

【予防安全関連技術】

(1)  9.30-10.30 (基礎編)ベイズフィルタに基づく確率的な状態推定方法について

山梨大学大学院 医学工学総合研究部 教授 毛利 宏

(2) 10.40-11.40 (実践編画像処理に基づいた車両の自己位置推定

日産自動車(株)総合研究所 古性 裕之

 

11.40-12.30 昼食休憩

 

【タイヤ関連技術】

(3) 12.30-13.30 (基礎編)アクチュエータでもありセンサでもある!タイヤのメカニズムを理解する

日産自動車(株)総合研究所 牧田 光弘

(4) 13.40-14.40 (実践編)シャシ性能設計のための非線形タイヤモデル

本田技術研究所 澁江 秀明

 

【運転支援関連技術】

(5) 14.50-15.50 (基礎編)ドライバによるレーンキーピング制御のモデリングとその特性

近畿大学 工学部 准教授 酒井 英樹

(6) 16.00-17.00 (実践編)レーンキーピングアシストシステムのモデリングと制御

トヨタ自動車 制御システム先行開発部 グループマネージャー 岩ア 克彦

17.00-17.10 閉会挨拶(幹事)

 

聴講料 会員および協賛団体会員15,000円(学生員3,000円),会員外25,000円(一般学生4,000円).いずれも,教材1冊分を含みます.

教 材 教材のみご希望の場合の方,または聴講者で教材を余分にご希望の方は.1冊につき会員2,000円,会員外3,000円で頒布いたしますので,開催前に予約申込み下さい.講習会終了後に発送いたします.

 

申込方法 http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm よりお申し込み下さい.

 

問合せ先

日本機械学会 交通・物流部門担当 大黒

電話(035360-3501 FAX035360-3508

E-mail:daikoku@jsme.or.jp