ユーザ用ツール

サイト用ツール


過出力事故

over power accident

 原子炉の起動時あるいは出力運転時に,正の反応度が加わり,炉出力上昇とそれに伴う燃料エンタルピー増大が生じる事象をいう.燃料ペレットの過熱膨張およびスエリングによるペレット・クラッド相互作用が燃料破損メカニズムの評価に当たって重要となる.原子炉は,固有安全の特性として,ドップラー反応度係数,減速材の温度反応度係数などを負にして急激な反応度増加があった場合でも十分な出力抑制効果を持つよう設計される.