ユーザ用ツール

サイト用ツール


差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
13:1001898 [2021/10/12 18:08]
dmc02 作成
13:1001898 [2021/10/12 18:57]
dmc02 [reduced velocity]
ライン 9: ライン 9:
 \[{V_r} = {\frac{V}{f_n D}}\] \[{V_r} = {\frac{V}{f_n D}}\]
  
-ここでVは代表流速、\({f_n}\)は構造物の固有振動数、\({D}\)は構造物の代表長さである。特に直交流を受ける柱状構造物の[[09:​1000820|渦励振]]や[[09:​1002790|ギャロッピング]]、管群構造物に生じる[[00:1000000|流力弾性振動]]を評価する際に用いられる。+ここで\({V}\)は代表流速、\({f_n}\)は構造物の固有振動数、\({D}\)は構造物の代表長さである。特に直交流を受ける柱状構造物の[[09:​1000820|渦励振]]や[[09:​1002790|ギャロッピング]]、管群構造物に生じる[[13:1013485|流力弾性振動]]を評価する際に用いられる。
  
 ~~NOCACHE~~ ~~NOCACHE~~