日本機械学会「機械遺産」 機械遺産 第30号

自働算盤(機械式卓上計算機)
パテント・ヤズ・アリスモメトール

 現存最古の国産機械式計算機が、この「自働算盤(じどうそろばん)」である。発明者は矢頭(やず)良一(りょういち)(1878~1908)。彼は現在の福岡県豊前市に生まれ、飛行機研究の傍ら1902(明治35)年に「自働算盤」を発明、翌1903(明治36)年に特許を得て販売した。
 この計算機は歯車式で、1個の円筒と22枚の歯車から成り、数値入力に算盤と同じ2進法・5進法を採用した独特の機構をもっている。乗除の際の桁送りが自動的で、演算終了時に動作が自動的に停止するなど、当時の海外の計算機よりも優れた性能を実現していた。1台250円で、約200台が陸軍省、内務省、農事試験場等に販売されたと言われている。
 矢頭の目的はエンジン付飛行機の研究で、その資金を得るために計算機を作ったといわれ、その後計算機の製造は行われなかった。
 「自働算盤」は我が国最初の機械式計算機で、その独創技術はもちろんのこと、国産の計算機利用の先駆けとなったものとして、機械技術史・計算機器史上極めて重要な遺産である。
 ちなみに、森鷗外の「小倉日記」に、飛行機研究の援助を求めるために、計算機の模型を持って鷗外を訪れたことが紹介されている。

《写真提供:北九州市立文学館》

公 開

北九州市立文学館

開館時間:
9:30~18:00(入館は閉館30分前まで)
都合により見学出来ない場合もありますので必ず電話にてご確認ください
利用料:
常設展
大人240円 中高生120円 小学生60円
利用できない日:
月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)、年末年始、館内整理日など
※展示リニューアルのため、令和元年9月2日(月)~令和2年3月下旬まで休館
住  所:
〒803-0813 
福岡県北九州市小倉北区城内4-1
電話番号:
093-571-1505
HPアドレス:
http://www.kitakyushucity-bungakukan.jp/
交通機関:
JR小倉駅より徒歩15分
JR西小倉駅より徒歩10分

« 第29号 前に戻る 第31号 »