日本機械学会「機械遺産」 機械遺産 第31号

電機事業創業期の国産誘導電動機および設計図面

 日本の電機事業創業期に製造された「5馬力誘導電動機とその設計図面」で、茨城県日立市の株式会社日立製作所日立事業所内の小平記念館に現存する。この電動機は純国産技術だけで設計・製造された記念碑的製品で、20世紀初期の国内電機製造技術の高さを示す歴史的資料である。久原鉱業所日立鉱山工作課長小平(おだいら)浪平(なみへい)(1874~1951)の指導のもと、電機修繕工場の全力をあげて1910(明治43)年に日本人だけで完成させた「製造番号第1号」の銘板を持つ5馬力三相誘導電動機1台と高尾直三郎による設計図面である。これらは2002(平成14)年1月25日に、茨城県の有形文化財に指定された。
 当時、誘導電動機を製造した電機修繕工場はのちに「創業小屋」と呼ばれるようになり、1956(昭和31)年には創業精神を後世に伝えようと日立事業所内に復元された。小屋の中には創業期を偲ばせる枝型ボール盤と5馬力誘導電動機(日立製作所の社紋付きで1911(明治44)年製、製造番号第190号)が保存され、動態運転中である。

《写真提供:株式会社日立製作所 日立事業所》

公開(事前予約)

株式会社日立製作所 小平記念館

開館時間:
10:00~12:00、13:00~16:00
利用料:
無料
利用できない日:
事業所休日
(土、日、祝祭日、年末年始、お盆など)
住  所:
〒317-8511 
茨城県日立市幸町3-1-1
電話番号:
0294-21-1111(代表)
交通機関:
JR日立駅海岸口から徒歩20分

« 第30号 前に戻る 第32号 »