主催:一般社団法人 日本機械学会
企画:一般社団法人 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
 
line decor
  
line decor
 
 
 
 
   
 

スカベンジャーロボット競技

スカベンジャーロボット競技

誰でも短期間に製作できる参加型ロボット競技です。 有線の遠隔操縦で動き回り作業が出来る車両ロボットを2名のチームで作り,床に散らばるゴミ(ピンポン玉など)の回収能力を競います。 参加申し込みいただいたグループにはルールブック・製作ガイドなどの資料を送付いたします。 その指示に従ってロボットを製作ください。 指定するキットは有線遠隔操作盤を有する2台の模型車両です。 競技希望者には山崎教育システム株式会社の協力で特別価格で郵送いたします。


「参加者の皆様へのお知らせ」

ロボットスカベンジャー競技は,ロボットグランプリスタート時からの中心的な競技です.
長年ルールを改良しつつ現在に至っています.
最近は,ゴミの種類が増え,焼却炉・回収所などの配置が複雑になり, ロボットの大きさの制限も加わり,強いロボットの製作の難易度が上がっています.

もとより,スカベンジャー競技は,ルールの中で最大限力を発揮することのできるロボットを 工夫して作ってもらうことが一つの目標ですが,難易度を上げるだけでは,本来ロボコンの持っている 楽しさを多くの人に体験してもらうことは困難ですし,ロボット製作のハードルを上げ過ぎないことも, 競技の裾野を広げるためには必要なことと考えられます.

そこで,第19回(2016年3月)からビギナークラスを設けました.
ビギナークラスではフィールドを簡素化し,回収所などを簡単にしました.
今回からは,このクラスに参加できるロボットは ロボット製作マニュアル(別紙)にある6種類のロボットだけです.
ロボット工作の初心者の方,シンプルな機構でチャレンジしたい方はビギナークラスにエントリーしてください. 初心者の方でもマニュアル通りに製作することで,スカベンジャーロボットが完成します.

製作マニュアルにあるロボット以外の独自のロボットで参加される方は一般クラスにエントリーをお願いします.


  

スカベンジャーロボット競技に関する情報

[地方予選会など]

  ・九州予選
      日程:平成31年2月2日(土) 13:00〜17:00
        URL: https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/activity/2016/08/2210.html


[申込み書など]

  ・第22回スカベンジャーロボット競技申込書(エクセルファイル)
   (キットには送料がかかります)

  ・スカベンジャーロボット競技ルール2017 ( 第21回用 )

  ・製作マニュアル2018年度(ビギナークラス用)
      次のいずれかの製作マニュアルを参考に同様のマシンを製作してください
      寸法の変更など多少の変更はOKです.
      ・製作マニュアル1
      ・製作マニュアル2

  ・製作補助資料
      ・ギアボックスの作り方
      ・コードの取り回しについてのヒント

  ・ロボット図鑑(2017年度版)


[申込日程(スカベンジャーロボット競技会)] [暫定版]

    ・参加申し込み締切: 2019 年 2 月 15 日( 金 )
     ( 申し込みが40チームを越えた場合は先着40チームで締め切ります )
     ( 詳細競技規定・キットは順次発送します。 )

[キット代について]
  ロボットスカベンジャーのキット内容を見直し、キット代を変更しました。
    ・2台組 :7,020 円 ( 別途、送料がかかります )
    ・1台のみ:3,510 円 ( 別途、送料がかかります )
   ※送料は送付先によって異なりますので
   必要な場合は山崎教育システムにお問い合わせください

 従来キットに比べ、部品・材料を減らしたため、値下げとなりました。
 追加で必要な部品は、各自でご購入ください。
 ( キット販売元:山崎教育システム )



過去のスカベンジャー競技の結果など

  ・第21回スカベンジャーロボット競技 結果
 
  ・スカベンジャー2012競技結果
 
  ・スカベンジャーロボット競技ルール2012 ( 第16回用 )
      新ルールを載せました ( h25.01.17 )
 
  ・ロボット図鑑2012 ( 2011年度版 ) ( 上田予選会で使用 )
      ( 上田ロボコンのスタッフ制作の最新版です )