第12回マイクロ・ナノ工学シンポジウム

menu

講演申込

募集要項

  • 講演申込締切日: 2021年7月20日

    講演申込方法

    以下のサイトにアクセスして講演申込を行ってください。
    https://www.sasj2.net/MAS/jsmemnm/

    申込プロセスは以下のような6ステップとなっております。

    【ステップ0】講演会の選択
    →「第12回マイクロ・ナノ工学シンポジウム」を選択してください。

    【ステップ1】カテゴリーの選択、講演題目(和文、英文)要旨(250文字) の指定
    →下記の募集分野一覧をご覧いただき、希望カテゴリーを選択してください。 なお、プログラム編成上、ご希望のカテゴリーが変更となる場合もございますので、ご了承ください。

    【ステップ2】所属機関情報の登録

    【ステップ3】著者・共著者の登録
    →講演発表者の会員番号と生年月日必ず記入してください。 本会への入会手続き中の方は仮登録番号を、協賛団体会員の方は所属団体の会員番号を、会員番号欄に入力してください。

    【ステップ4】連絡先情報の登録

    【ステップ5】お申し込みの実行

    注意事項
    • 2017年4月より日本機械学会における講演発表資格が、日本機械学会の個人会員(正員・学生員)に限定されました。 本会に入会頂いていない方で、発表をご希望の方は申し込みページ から入会手続きをお済ませの上、講演申込みをしてくださいますようお願いいたします。
      ただし、下記の協賛団体の会員の方については、本会会員と同様に講演発表が可能です。
      <協賛団体>
      電気学会、エレクトロニクス実装学会、日本材料科学会、日本流体力学会、日本伝熱学会、 化学とマイクロ・ナノシステム学会、計測自動制御学会、システム制御情報学会、精密工学会、 電子情報通信学会、日本信頼性学会、日本生体医工学会、日本赤外線学会、日本ロボット学会、 レーザー学会、日本熱物性学会
    • 発表申込みの採否につきましては実行委員会にご一任下さい。
    • 発表は全てポスター発表を予定しております。発表方法は採択通知と併せてご連絡いたします。
    • オンライン開催の場合、詳細は後日ご案内申し上げます。
    • 使用言語は、日本語または英語とします。
    • 本シンポジウムは、電気学会センサ・ マイクロマシン部門「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム、 応用物理学会集積化MEMS技術研究会 集積MEMSシンポジウム、化学とマイクロ・ナノシステム学会 研究会と合同で行います。

    日本機械学会学術誌

    発表された内容について、日本機械学会学術誌への投稿もご検討ください。
    https://www.jsme.or.jp/bulletin/index.html

    募集分野一覧

    1. 精密機械・潤滑・設計
      ナノトライボロジー、位置決め、ナノ振動子、ナノ液膜など
    2. 材料力学・強度
      薄膜の強度と信頼性、マイクロ・ナノ材料の機械特性、材料試験の標準化など
    3. 流体力学
      希薄気体効果、半導体プロセスのシミュレーション、マイクロバブル、マイクロ・ナノ流動の画像計測、マイクロポンプなど
    4. 熱工学
      ナノスケール伝熱、ナノチューブ・ワイヤ、マイクロバブル、マイクロ科学分析、マイクロエネルギーなど
    5. 生産加工・機械材料
      MEMS技術、マイクロ・ナノ機械加工技術、表面改質、レーザー加工など
    6. ロボティクス・メカトロニクス
      センサ・アクチュエータ、バイオマニピュレーションなど
    7. 医療・バイオ
      ラボオンチップ、再生医療、細胞工学、生体材料など
    8. マイクロナノシステム
      IoT、センサネットワーク、スマートデバイスなど
    9. その他
      マイクロ・ナノスケールの機械工学関連分野