部門概要

部門規定

日本機械学会 スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門運営規定

2016年5月27日制定

 この規定は、スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門が啓蒙的な教育研究活動、専門的な学術交流活動、調査研究活動および社会貢献活動を行うことを目的として、部門運営に必要な事項を定める。本規定に定めない事項については、部門運営要綱に従うものとする。

1.役員

(1) 役員の定数と任務
1)部門に次の役員をおく。 部門長1 名、副部門長1 名、部門幹事1 名、運営委員30名以内。
2)部門長は部門を代表し、第2項に定める運営委員会の決定に従って部門活動を主宰する。副部門長は部門長を補佐し、部門長が職務を遂行できない場合はその職務を代行する。部門幹事は部門長および副部門長を補佐し、円滑な部門運営に努める。

(2) 役員の選出方法
1)部門長および副部門長
部門長および副部門長の任期は2年とし再任はできないものとする。次期部門長は当該期副部門長が運営委員会の承認の上で選任されるものとする。次期副部門長は、当該期運営委員の無記名互選投票により部門長経験者以外の運営委員の中から選出する。

2)部門運営委員
部門運営委員は部門登録正会員の中から部門長が指名する。なお、運営委員の再任は妨げないが、原則継続して4 年を超えることができないものとする。また欠員が生じた場合は部門長が後任者を指名することができる。

3)部門幹事
部門幹事1名は部門登録正会員から部門長が指名する。

2.運営委員会

(1) 任務と構成員
1)部門の最高決議機関として運営委員会をおき、部門運営に関わる全ての事項を審議、決定する。
2)運営委員会は、部門長、副部門長、部門幹事、部門運営委員で構成する。なお、必要に応じて部門所属分科会主査、研究会代表、顧問、所属委員会委員などを出席させることができる(拡大運営委員会)。

(2)開催と議決
1)運営委員会は部門長が招集し、これを開催する。また運営委員会構成員の過半数以上の要請がある場合には、部門長はこれを開催しなければならない。なお、部門長が必要と認めた場合、電子メール等による代行運営委員会を開催することができる。
2)運営委員会は運営委員会構成員の過半数以上の出席(代理出席および委任状を含む)をもって成立する。議決は出席者の過半数をもって可決とする(規定の改廃等を除く)が、代理出席者はこれに含めない。規定の改廃等、重要事項の議決は出席者の3分の2以上の賛成をもって可決とする。代行運営委員会の議決についてもこれに準ずる。

3.部門内委員会

(1)設置と改廃
運営委員会は部門活動を効率的に進めるため総務委員会、財務委員会、企画委員会、広報委員会、表彰委員会、出版編集委員会、国際交流委員会、研究・技術委員会を置き、必要に応じて運営委員会の議を経て設置、改廃することができるものとする。

(2)総務委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 : 運営委員会の議案を事前に審議・整理し、また運営委員会から付託された事項を審議決定する、部門規定の制定・改定等の原案作成、ならびに部門長選出のための選挙管理委員会の設置・運営を担当する。

(3)財務委員会
1)構成 :部門長が委員長を兼任し、副部門長が副委員長を兼任する。そのほか、部門幹事1名以上によって構成される。
2)任務 : 部門予算の立案および会計業務について担当する。

(4)企画委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 :機械学会年次大会および部門年次大会の企画立案。部門内講習会等の企画立案を担当する。

(5)広報委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 : 部門ニュースレターの編集・発行および部門サイトの管理を担当する。また部門メーリングリストやインフォメーションメール等の管理、部門活動の宣伝ならびに入会勧誘等を行い、登録者数増員のための啓蒙活動の企画および実施もこれを担当する。

(6)表彰委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 :部門年次大会における講演プログラムの作成、ならびに講演会における部門内表彰の審査手続き、および若手優秀講演フェロー賞の推薦について担当する。加えて、フェローの推薦,学会賞等の推薦などの手続きを行う。

(7)出版編集委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 :部門が出版し公開する学会誌・定期刊行物・書籍等の編集から出版を担当する。また部門登録会員に対する情報公開を担当する。

(8)国際交流委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 :海外連携学術団体や学術機関との情報交換ならびに人的交流の支援を担当する。

(9)研究・技術委員会
1)構成 :部門長が任命した委員長ならびに副委員長、ほか委員1名以上によって構成される。
2)任務 :研究会の応募および審査を担当する。また部門独自の研究および技術に関係する委員会の企画とその運営も担当する。

4.規定の改廃

本規定の改定は、運営委員会の3分の2以上の多数決によらなければならない。

以上