最新号 1月 (No.1250)

キーワード: 巻頭言

はじめに - 短中期的技術としてのCCS

No.1203, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1203-04/

背景 2015年12月12日、数年間にわたる議論を経て、200に近い国々が持続可能な低炭素社会の実現のための行動と投資を加速させることに合意した。このパリ協定は2016年11月4日に発効し、2018年12月にポーランド・カトヴィツェにおいて開催されたCOP24において、運営のため…Read More

新しい構造材料として期待される高エントロピー合金

No.1192, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1192-06/

強ひずみ加工したCoCrFeMnNi高エントロピー合金における原子配列の例 (高分解能透過型電子顕微鏡:HRTEMにより観察)   構造材料の軽量化はさまざまな産業分野にとって永遠の課題である。例えば、自動車、鉄道車両、航空機などの輸送機器や各種の機械構造物を軽量化する…Read More

自動運転の社会実装に向けた 政府・企業・研究機関の取り組み

No.1191, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1191-06/

自動車の自動運転は、機械工学のエンジニアであれば、とりわけ大きな関心を寄せるテーマである。自動車工学、計測・制御工学、人間工学など、機械工学の主要な分野を横断した研究開発であり、それだけでも意義は大きい。しばらく前までは、実用化を念頭に置くというよりは、研究開発中心であった。20…Read More