一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

機械の日・機械週間

2022年度「機械の日・機械週間」関連事業

 

日程 概要
2022年8月7日(日)

早稲田大学121号館

およびオンライン開催

「機械の日」記念講演

  • 『機械工学の将来』 三菱重工業(株) 常務CTO 伊藤 栄作 氏
  • 『スマートロボットが活躍する未来社会』 早稲田大学 理工学術院長 教授  菅野 重樹 氏
  • 『未来の航空宇宙機 〜極超音速機からドローンまで〜』 早稲田大学 理工学術院基幹理工学部 教授  佐藤哲也 氏

2022年機械遺産認定式

同時開催 第20回「流れの夢コンテスト」

早稲田大学理工学術院 研究室見学

「機械の日・機械週間」関連行事 今年度は現地開催またはオンライン開催で、ものづくり体験会を開催します。

8月6日(土)オンライン講演『宇宙への挑戦と夢』

絵画コンテスト
締切:2022年6月6日(月)
(↑募集を終了しました)
絵画コンテスト募集案内,過去の受賞作品集

日本機械学会は、“機械”の意義や役割を広く社会と共に考え、人間と機械のふさわしい関係を模索するため、産官学の関係各方面と協力して、記念日と記念週間を制定して各種の事業を企画開催することにし、七夕の中暦にあたる8月7日を「機械の日」、8月1~7日を「機械週間」(メカウィーク)としました。

七夕は、技巧上達を祈念する中国の「乞巧奠」(きっこうでん)に由来し、奈良時代にわが国に伝来しました。「たなばた」の読みは、この日に神に捧げる御衣を「棚機(タナバタ)」という当時の織機で織り上げたことから生じたとされています。

「機械の日・機械週間」制定宣言
English Version


2022年度 機械の日実行委員会

実行委員長:宮川 和芳(早稲田大学)
幹事(広報情報理事):倉爪 亮(九州大学)
幹事(広報情報理事):島津 ひろみ(日立製作所)
委員:宮下 朋之(早稲田大学)
委員:能見 基彦(荏原製作所)
委員:鈴木 康方(日本大学)
委員:小川 雅(工学院大学)
委員:安 炳辰(荏原製作所)
委員:小野寺 英輝(岩手大学)
委員:風尾幸彦〔日本機械学会常勤理事〕

これまでの式典・関連行事一覧