キーワード: 鉄鋼業におけるモノづくり

鉄鋼業における計測制御技術

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-28/

はじめに 狙い通りに商品が製造されているかを常に確認し、違いがあればそれをなくすように設備を動かす、これはモノづくりの普遍的なニーズであり、そこには計測制御技術が必須である。これまで計測技術と制御技術が両輪となって発展し、対象の拡大や精度の向上などを成し遂げてきた。 従来の物理法…Read More

圧延・熱処理・表面処理プロセス

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-32/

はじめに 本稿では、溶鋼を固める連続鋳造によって製造された鋳片をさまざまな形状に加工したり、その熱履歴などを制御しながら鉄鋼材料が有する種々の特性を引き出したり、錆から鉄鋼材料を守るめっきを施したりする、圧延・熱処理・表面処理プロセスについて述べる(1)(2)。 圧延は回転するロ…Read More

還元鉄製造プロセス カーボンニュートラルへ向けて

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-36/

はじめに 還元鉄製造プロセスは、高炉のように大規模な設備投資やコークスも必要としないため、天然ガスを産出する地域を中心に製鉄所の鉄源プラントとして建設されてきた。 また近年、電気炉による粗鋼生産の拡大に伴いスクラップを補完する清浄鉄源としての還元鉄需要が高まっており、さらに輸送性…Read More

「鉄鋼業におけるモノづくり」特集によせて

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-01/

本誌において鉄鋼特集が組まれたことは大変時宜を得たものと喜んでいます。 鉄鋼材料は機械工学を支えてきた基本材料であり、機械工学は、鉄鋼業の基幹産業としての発展を支えた基盤技術です。また、機械工学が各種産業の共通工学であるのに対して、鉄鋼業はいくつもの産業分野を包含した総合製造業の…Read More

日本鉄鋼業の概要と動向~21世紀の動向を中心に~

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-06/

日本鉄鋼業について、その概要と21世紀の動向を中心に概説する。 日本鉄鋼業の概要 我が国産業における鉄鋼業の位置づけと概要 日本経済における地位、産業規模と輸出額 鉄鋼業は、国内総出荷額約17兆7,500億円、付加価値額約3兆100億円、事業所数約4千(従業員4人以上)、従業員数…Read More

鉄鋼業における環境への取り組み

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-14/

はじめに 昨今、世界全体のみならず、我が国においても環境問題、とりわけ地球温暖化問題への取り組みについてのニュースを見聞きしない日はなく、それら諸問題への関心が高まっていることは論を待たない。 産業界において、環境問題、地球温暖化問題への取り組みは避けて通ることができない“経営上…Read More

自動車用薄鋼板における研究の現状

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-20/

はじめに CO2排出量削減を目指した鉄鋼材料研究の背景 地球温暖化防止の観点から、日本国内でも2050年までにCO2排出量実質ゼロ、すなわちカーボンニュートラル社会の実現に向けて、科学技術の世界全体で大きな動きが始まっている(1)。そのような動向の中、鉄鋼企業は多量のCO2を排出…Read More

自動車の強みとしての先進高強度鋼板

No.1239, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1239-24/

はじめに 日本の自動車産業の発展を支え続ける鉄鋼の進化 日本のものづくりの強みは品質力・技術力を活かせる部素材にあるといわれている(1)。鉄鋼は高度成長期から現在まで高い品質と技術で日本の製造業を支え続けてきた。中でも、上位の国際競争力を誇る自動車産業との連携については高橋がレビ…Read More