日本機械学会サイト

目次に戻る

2017/11 Vol.120

【表紙の絵】
「おばけたいじロボット」
白石 煌惺 ちゃん(当時7歳)
自分のお部屋で寝ようとすると、暗闇の中からおばけに見えてしまう服やクローゼットが出て来るのをビームでやっつけてくれるロボットが欲しいです。

バックナンバー

特集 考えるCAE:ものごとの本質を捉える1DCAE

1DCAEと3D-CAEの融合

中西 勝哉〔(株)電通国際情報サービス〕、 由渕 稔〔アルテアエンジニアリング(株)〕

はじめに

1DCAE の目的は、3D モデルが存在しない設計初期段階で適用することにより、画期的な設計案を最終的に創出することにある。1DCAE はシステム全体への適用によりその効果を最大限に発揮できるが、システムの一部が既に設計済みである場合にもその残りの部分に適用することにより画期的な効果を得ることができる。このような場合には、必然的に1D モデルと既成部分である3D モデルの連成シミュレーションが必要となってくる。本稿では、このような場合に必要となる1D-3D の連成シミュレーションの事例を紹介する。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: