日本機械学会サイト

2020/7 Vol.123

表紙の説明:「これは、1930年代にドイツのファウター社で製造されたホブ盤のテーブルとワークアーバ部分である。穴加工済みの工作物を、テーブルの中心になるようにワークアーバに取付けて固定し、工具(ホブカッタ)と工作物の相対運動により歯形形状を創成しながら加工して歯車を作る。」
[日本工業大学工業技術博物館]

バックナンバー

特集 スポーツ×ICT

NECのスポーツ・イベントにおけるICT活用の取り組み

横山 登〔日本電気(株)〕

はじめに スポーツとICTの融合による新事業の創出 スポーツ産業は政府の成長戦略「日本再興戦略2016」において新たな有望市場と位置付けられ、2015年に5.5兆円であった市場規模を、2025年には15兆円へと拡大することが目指されている。この実現のために必要とされているのが、他…Read More

特集 スポーツ×ICT

体操採点システム

本田 崇・桝井 昇一〔(株)富士通研究所〕・佐々木 和雄〔富士通(株)〕

はじめに デジタルな採点支援の時代の幕開け 2019年10月にシュトゥットガルト(ドイツ)で開催された第49回体操世界選手権において、国際体操連盟(FIG: Fédération Internationale de Gymnastique)は体操採点システムを正式に使用を開始した…Read More

特集 スポーツ×ICT

浮遊球体ドローンディスプレイ

山田 渉〔(株)NTTドコモ〕

概要 浮遊球体ドローンディスプレイは、任意の場所で映像を表示することができる世界初の飛行可能なディスプレイである。大画面・高解像度のディスプレイをドローンに搭載することは重量や航空力学上の問題で従来、困難であった。そこで本技術では残像効果によってディスプレイを表示する技術を応用す…Read More

特集 スポーツ×ICT

東京オリ・パラに関連した競技自転車ウェアの開発

浅井 武・黒澤 佑太・洪 性賛(筑波大学)

はじめに TOKYO2020オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、多くの日本機械学会関係者が、その成功に向けて大きな役割を果たしていることは、よく知られている。また、機械学会スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門の関係者も、スポーツ庁のハイパフォーマンスサポート事業をはじ…Read More