キーワード: 絶滅危惧科目-基盤技術維持のための再考ー

第2回 誰が防ぐ“ねじ”のトラブル!

No.1263, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1263-42/

ねじの歴史とその役割(1) 重い宿命を背負いながら使われている機械要素 ねじの起源は紀元前にさかのぼると言われている。19世紀の産業革命の時代に大きな発展を遂げ、1841年には英国のウィットウォースが最初のねじの規格を提案している。ねじ山の角度が55°であった点を除くと現在のねじ…Read More

第1回 講義「蒸気工学」の今昔

No.1262, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1262-62/

講義科目の推移 「蒸気工学」はどのように消えていったか 我が国に於ける工学分野の高等教育は工学寮(1873)、のちに工部大学校(1877)から始まった(1)。その後、東京大学に吸収され、帝国大学工科大学(1886)になるに及んで完全に文部省の管轄下に入った。この頃、文部省編として…Read More