日本機械学会サイト

2020/5 Vol.123

バックナンバー

特集 細胞培養時代の機械設備

再生医療の産業化に向けたAMEDによる取組み

日本医療研究開発機構 再生医療研究開発課

再生医療と細胞 再生医療は、病気やけがなどによって機能低下・不全になった組織や臓器を、体外で調製した細胞、組織などを用いて再生させることにより治療する医療である。これまで難しかった難治性疾患の根治が期待される革新的な医療技術として注目、期待されている。 再生医療において用いられる…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

機械的振動による培養細胞の増殖・分化の制御

白石 俊彦(横浜国立大学)

再生医療への力学の貢献 2012年にiPS細胞の研究成果で山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞し、医学分野ではiPS細胞を使った再生医療に関する研究が活発である(1)。さらにそれ以前から、生体内にわずかに存在する幹細胞を使用した再生医療に関する研究が行われてきた。iPS細胞…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

培養iPS細胞に対する動的力学刺激の影響と利用技術

小沢田 正(山形大学)

はじめに 事故、疾病などによって損傷、損失した細胞、組織あるいは臓器の根治的治療は再生移植治療によらねばならず、その具体的手法の開発と早期実用化は急務である。我が国で開発されたiPS細胞(1)(2)は、あらゆる組織や臓器の細胞に変化し得る多能性ゆえに、再生移植医療実現の究極的手段…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

超音波技術を基盤とした細胞培養システム

竹村 研治郎(慶應義塾大学)

はじめに 細胞の大量生産が新たな医療産業を可能に 2007年にhiPS(human induced pluripotent stem)細胞が樹立されたことを契機に、培養細胞を利用した再生医療などへの期待が膨らんでいる。2050年には38兆円市場とも予想される再生医療市場(1)の実…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

iPS細胞大量自動培養装置(iACE2)

小林 豊茂〔(株)日立製作所〕

再生医療の現状 再生医療は研究フェーズから産業フェーズにシフト さらなる多様化へ 自らもしくは他人の細胞を原料などとして、高度な細胞培養技術を用いた加工処理で作製した細胞加工物を病変部へ移植する再生医療が、次世代医療として注目を集めている。細胞培養技術の発展に伴い、さまざまな細胞…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

多数の細胞サンプルの安定的な観察・評価を可能とする細胞培養観察装置 BioStation CT

能見 淑子〔(株)ニコン〕

はじめに 細胞培養とは 細胞培養とは、生体組織から取り出した細胞を、培養容器内で目的に応じて性質を維持させたり、分裂増殖させたり、分化させることである。組織幹細胞、間葉系幹細胞(MSC)に加え、近年、多能性幹細胞(ES細胞やiPS細胞)が発見・開発されたことや、培地、培養容器や培…Read More

特集 細胞培養時代の機械設備

CO2インキュベーターにおける過酸化水素除染装置の開発

酒井 雄太〔PHC(株)〕

はじめに 細胞培養とコンタミ防止の重要性 培養とは、微生物あるいは、多細胞生物の細胞や、組織の一部を人工的な環境下で安定的に育てる(増やす)ことである。細胞は大きく3種類に分類され、植物細胞、動物細胞、微生物などが挙げられる。 細胞を培養することで、生体内での生命現象を生体外で再…Read More