日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/5 Vol.121

【表紙の絵】
空気をきれいにする車
須藤 二葉 さん(当時5歳)
走っても空気をよごさずにきれいにしてくれるから走るとみんなにこにこになるよ。


本誌2017年7月号に、「空気をきれいにする車」のテストプロジェクトを掲載しています。
合わせてお読みいただければ幸いです。

バックナンバー

未来マッププロジェクト 第2弾

未来マッププロジェクト 未来の社会が求める「もの」「こと」を実現する専門家集団であり続けるために

日本機械学会創立120周年記念事業委員会

新しい未来マップ作成小委員会

未来の機械・キカイ

本会会誌2017年7月号でも紹介したが、「未来マップ作成プロジェクト」は、本会の創立120周年を機に、将来の機械工学が社会に何をもたらすのかを予想し、その実現に向けて今なすべきこと、今から準備をしておくべきことを俯瞰しようとするものである。未来を見通すことは誰にとっても簡単なことではなく、特に現在の科学技術に慣れきってしまっている我々にはきわめて難しいことから、よりフレッシュな感性を持つ子供たちの力を借りて、将来の機械がもたらす社会を予想し、その実現に必要な技術要素を抽出することを目的としている。

本会が2011年度から機械の日・機械週間の行事の一環として実施している「絵画コンテスト」には、幼児から中学生に至る幅広い年代の子供たちが自由な発想で描いた「夢の機械・キカイ」「未来の機械・キカイ」に関する作品が多数応募されている。こうしたアイディアを借りて、その実現に必要な技術要素を抽出することで、将来の機械工学が社会にもたらすものを予想しようというのが「未来マップ作成プロジェクト」の趣旨である。これらの作品の中には、機械工学の常識に凝り固まった我々には想像もつかない奇抜な発想と理念に基づくものがあるが、せっかく子供たちが将来「あったら良いな」と思った機械・キカイであるから、それを実現するために我々に何ができるのか、実現までに何をしなければならないかを真剣に考えてみようということである。そのための手法は、前回のテストプロジェクト同様、まずは描かれた作品から素直な目で子供たちの夢を抽出し、それをゴールに実現するためのステップを現在までさかのぼって考察する、いわゆる「バックキャスティング」を行う。これにより、設定されたゴールに対して現状の科学技術が追いついていない部分を、解決が必要な「ブレークスルー」として仮置きできるため、現状の技術をベースに積み上げ式で未来を予測する方法より自由な発想を取り入れやすい。そして、「ブレークスルー」として残された課題が次の機械工学の目指すべき方向のヒントを与えてくれるだろうと考えている。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: