日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/5 Vol.121

【表紙の絵】
空気をきれいにする車
須藤 二葉 さん(当時5歳)
走っても空気をよごさずにきれいにしてくれるから走るとみんなにこにこになるよ。


本誌2017年7月号に、「空気をきれいにする車」のテストプロジェクトを掲載しています。
合わせてお読みいただければ幸いです。

バックナンバー

未来マッププロジェクト 第2弾

地球を冷やす機械 1:地球規模でのエネルギーバランスの議論と方法の検討

佐藤 勲(東京工業大学)

図1 地球のエネルギー収支(NASA Langley Research Center(1)による)

 

1.地球を冷やす?

今回対象とする作品「地球を冷やす機械」(P.12図1)の作者コメントを読むと、「地球温暖化を止めるために・・」「地球も皆も幸せになれるように・・」という言葉があり、作者の意図しているところは、国連の持続可能な開発目標、いわゆるSDGsにも取り上げられている地球規模での気候変動への対処にも繋がる全人類的な課題解決に寄与する機械であろうと思われる。こうした理念の実現には、会誌2017年7月号のパイロットプロジェクトに関する記事にも記した通り、世界的な協調が不可欠である。また、地球規模での状況変化を生み出す取り組みは、予測できない副作用を生じる可能性も残されている。ここでは、前回のパイロットプロジェクト同様、こうした大きな課題の解決は将来の社会における議論に期待することとして、できる限りこの絵の作者の意図や夢を壊さない形で何ができるかを考えてみたい。

「地球を冷やす」という概念は、CO2をはじめとする温室効果ガスの排出増による地球温暖化に対する社会の懸念を背景としたものと推察する。地球温暖化や気候変動については主にその原因とされる温室効果ガス排出の観点から国際的に議論が行われているが、この絵の作者の意図は、より物理的・直接的に温暖化を抑制する「装置」が欲しいということだと考えられる。機械として想定されるこうした「装置」のスケールは、必然的に大きなものになると考えられる。本稿ではまず、このような「機械」に求められるエネルギーの量的な議論を行い、続いて、その実現のための方法の検討と考察を行う。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: