日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/5 Vol.121

【表紙の絵】
空気をきれいにする車
須藤 二葉 さん(当時5歳)
走っても空気をよごさずにきれいにしてくれるから走るとみんなにこにこになるよ。


本誌2017年7月号に、「空気をきれいにする車」のテストプロジェクトを掲載しています。
合わせてお読みいただければ幸いです。

バックナンバー

未来マッププロジェクト 第2弾

機械の中部点検 1:非破壊検査を専門とするおじさんたちの解釈

井上 裕嗣(東京工業大学)・阪上 隆英(神戸大学)

図1 「お題」をもとにMEMS 技術・五感センサを応用したイメージ

ロボットの形状は全体的に丸みを帯びるようにし、各種センサなどはできる限り内部に収まっているという設定。

高度なシステムが小さなロボットに収まるという設定から生物の体内システムを連想し、ロボットたちは少し有機的な姿をしている。

制作:SCIGRA

「お題」を読み解く

このプロジェクトの目的は、子供たちが機械の日・機械週間絵画コンテスト作品に描いた未来の姿からバックキャストすることで、機械屋が技術課題を真面目に議論することであるから、まずは「お題」をきちんと読み解こう。

今回の「お題」は、2016年度作品から選ばれた「機械の中部点検」(P.13 図2)である。まず、タイトルの「中部」という言葉は、機械屋にはなじみの薄い言い回しであるが、作品から判断して「内部」と読み替えてもよさそうである。そうすれば、タイトルは十分に納得でき、技術的に重要で魅力的な課題であると感じる。より具体的には、作者のコメントによれば、「機械の中に人が小さくなって入って目でかくにんできないような小さなトラブルを見つけているところ。」である。この課題は、すでに頭の固くなった我々おじさんたちにとってはすこぶる難題であるが、可能な限り作品の意図を損なわないように考えてみよう。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: