技術者の方へ
  • Home
  • イベント情報



No.14-113

【定員のため受付終了いたしました】講習会 [見学会付]
水素の輸送・貯蔵・利用技術 -「大規模水素貯蔵・輸送システム」実証プラントの見学-


開催日 2014年10月21日
企画
動力エネルギーシステム部門
 
趣旨・内容 [協賛: (五十音順) エネルギー・資源学会、化学工学会、高分子学会、自動車技術会、触媒学会、水素エネルギー協会、電気化学会、SOFC研究会、燃料電池開発情報センター]

[協力: 千代田化工建設株式会社]



【開催日】
2014年 10月21日(火) 10:00 - 16:00

【趣旨】
水素を主たる燃料として発電する燃料電池は、家庭用マイクロCHPシステムとして市場に普及し始め、2014年度内には燃料電池車の市販が新聞発表されるなど、その需要が急速に高まりつつあります。それに伴い、水素の大量輸送技術、貯蔵技術の開発が急務として挙げられます。動力エネルギーシステム部門の見学会付講習会では、水素の物性・貯蔵・運搬・燃料電池での利用をテーマとする4件のご講演を聴講し、同年にプレス発表された千代田化工建設株式会社の大規模水素貯蔵・供給実証プラントを見学します。

【プログラム】
10:00 - 10:15 開会の挨拶
10:15 - 11:15 講演1 「高圧水素の熱物性計測」(仮題) 
九州大学 大学院 工学研究院 河野正道
11:15 - 12:15 講演2 「高圧水素の急速充填における熱的課題について」
九州大学 水素材料先端科学研究センター 門出政則
12:15 - 13:00 昼食
13:00 - 14:00 講演3 「産総研福島再生可能エネルギー研究所における水素関連の研究の概要」
(独)産業技術総合研究所 前田哲彦
14:00 - 15:00 講演4「水素エネルギーの大規模貯蔵輸送システムと水素サプライチェーン構想」
千代田化工建設(株) 岡田佳巳
15:00 - 16:00 見学会  ”SPERA 水素”システム実証プラント”


【定員】
30名(申込み先着順)

【申込締切】
10月7日 (定員となり次第締め切ります)
会場 講演会と見学会の場所 千代田化工建設株式会社子安リサーチパーク
〒221-0022 横浜市神奈川区守屋町三丁目13番地
JR京浜東北線新子安駅又は京浜急行線 京急新子安駅より徒歩10分
参加登録費 【聴講料】
正員 15 000円(学生員5 000円),
会員外  20 000円(一般学生10 000円)

教材: 当日用資料として講習会参加者にのみ配布します.
申込先 頂いた個人情報は安全管理のため,見学先に提供しますのでご了承願います.
問合せ先 日本機械学会〔担当職員 櫻井恭子〕
電話03-5360-3505/E-mail sakurai@jsme.or.jp
申込締切日 2014年10月07日
北海道 東北 北陸信越 関東 東海 関西 中国四国