日本機械学会サイト

目次に戻る

2022/12 Vol.125

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「未来を担う技術人材の育成」

「エンジニアのように考える力」を評価する

深堀 聰子(九州大学)

アフターコロナ時代における大学の優先課題

いっそう強く要請されるアウトカム・ベース教育の実質化

2019年の冬より、世界で猛威を振るってきた新型コロナウイルス感染症は、対面での人の接触に大幅な制限をもたらし、日常生活の在り方に大きな変更を余儀なくした。大学も、そのほとんどが、驚くべき機動力をもってオンライン授業を導入し、ネットワーク環境の改善や授業方法の改善に努めてきた。その結果として、世界中の大学の学生・教職員の多くが、ICTツールを使いこなせるようになったことは、この間の努力の賜物と言えるだろう。パンデミックの社会的収束が急がれる今日、大学の教育研究活動における対面と遠隔のベストミックスが模索されている。学生の卒業後の進路先である雇用の場においても、リモートワークの環境整備が進み、業種や立地に適した新しい働き方が模索されている。

このように、コロナ禍によって、学びと就労における時間と空間の自由化が加速し、Society5.0が現実味を帯びて感じられるようになる中で、強力な政府イニシアティブの下、情報系人材育成と教育研究活動のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を喫緊の課題に掲げる日本の大学は少なくない。この新たな文脈の中で、同じく強力な政府イニシアティブの下、日本の大学が2000年代初頭より取り組んできた学修者本位の教育を目指すアウトカム(学修成果)・ベース教育への転換は、いかなる意味を持つのか。一過性の政策課題として忘れ去ってよいのか、それとも、時間と空間の自由化が著しく進展した世界における学びと就労を高度化させるための重点課題として、改めて注力すべきか。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: