日本機械学会サイト

目次に戻る

2022/12 Vol.125

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「未来を担う技術人材の育成」

エンジニア塾

中山 良一(元 工学院大学)

はじめに

「エンジニア塾」を始めた経緯

JSME関東支部シニア会にて2021年度より「エンジニア塾」を小学生対象に開始して、本年で2年目を迎えた(1)

4月に募集を関東支部内で開始し、約10名の応募者に対して、ものづくり、科学館などの見学、シニア会メンバーのエンジニア体験談、大学生との交流会、ことづくり事例の紹介などを約1年掛けて行っている。まだ、始めたばかり、大きな成果はこれからという段階ではあるが、本会に将来のエンジニアを目指す小学生への応援団を設けることは良い取組みであると考えている。なお、名称は日本では技術者を幅広く定義する傾向があり、ここでは「エンジニア」として、企画・開発・設計力を有する人材の意味としている(2)

この塾を本会で始めるにあたって、人材育成・活躍支援委員会(東京理科大 山本委員長)で「未来を担う技術人材の育成」(3)をテーマに議論したことが発端である。

また、その基本となる取組みは、筆者が企業の研修担当部門で新入社員研修を実施した経験(4)、工学院大学で小中学生を対象とした夏のイベント「わくわく科学教室」(5)で指導した経験、および同大学院で指導を行ってきた日本企業経営分析から、エンジニアをどのように育成すべきかという研究テーマ(6)の集大成である。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: