日本機械学会サイト

目次に戻る

2022/12 Vol.125

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「未来を担う技術人材の育成」

人生100 年、これからの技術者のキャリア形成を考える

小林 政徳(小林政徳 技術士事務所)

はじめに

世の中の動きが大きく変わる時代がある。1970年代はアルビン・トフラーの「未来の衝撃」(1)が話題になり、1980年代は「第三の波」(2)が話題になった。第一の波は「農業革命後の社会」、第二の波は「産業革命後の社会」、第三の波は「脱産業社会」であった。そして最近は、リンダ・グタットンの「ライフシフト」(3)や「ワークシフト」(4)が話題となり、「3ステージの人生」から「マルチステージの人生」に大きく転換している。これを受けて日本政府も、「人生100年時代構想会議」を2017年(平成29年)9月に設置し、リンダ・グラットンも有識者議員として参加し議論を行った(表1、図1)(5)。そこで、技術者の立場から人生100年に向けた「ジョブ型社会におけるキャリア形成」について分析を行った。キャリアとは「働き方」(職業的な経歴のみならず、在り方・生き方)のことである。

表1 主要国の健康寿命・平均寿命(出典:人生100年時代構想会議(5)


図1 到達年齢が100歳を越える(出典:人生100年時代構想会議(5)

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: