日本機械学会サイト

目次に戻る

2022/12 Vol.125

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「未来を担う技術人材の育成」

これからのエンジニアに求められる専門職としてのコンピテンシー

岸本 喜久雄(日本工学会)

技術者資格とコンピテンシー

我が国にとって社会の変革や新産業の創出を担う人材の育成・確保は喫緊の課題である。科学技術は我が国の強みのひとつであるが、その国際的競争力に陰りが出てきていると言われている。エンジニアリングは、ひとの営みとしてなされるものであるので、優れたエンジニアリングを実践するためには、それを担う資質・能力のある人材が必要である。このようなことから工学系の高等教育への期待が大きい。一方で、技術者(エンジニア)を目指す高等教育の修了生にはどのような知識・能力(学修成果)を期待するのか、また、熟練した技術者やプロフェッショナル・エンジニアにはどのような資質・能力(コンピテンシー)が必要なのか、そして、その効果的な人材育成プログラムはどのようなものか、その達成度はどのように評価すべきなのか、等々についてさまざまな議論がなされている。

このような場のひとつとして、国際的には国際エンジニアリング連合(International Engineering Alliance)(1)がある。IEAでは高等教育機関における教育の質保証・国際的同等性の確保と、専門職資格の質の確保・国際流動化は同一線上にあるという認識の下に、高等教育課程の修了生に求められる知識・能力(Graduate Attributes、GA)と高度専門職としてのコンピテンシー(Professional Competencies、PC)を定め、加盟国・地域の教育プログラムや技術者資格の認定はこれらを参照基準として行うことを要求している。本稿では、2021年に改訂されたGA&PCについて、その背景や内容について紹介することでこれらからのエンジニアに求められる専門職としてのコンピテンシーについて述べる。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: