日本機械学会サイト

目次に戻る

2022/12 Vol.125

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「未来を担う技術人材の育成」

東京理科大学におけるデジタルツイン人材の育成

松尾 裕一・藤井孝藏(東京理科大学)

はじめに

本稿では、東京理科大学デジタルツインラボラトリにおける研究や教育・人材育成活動などの紹介を通じて、DX時代に求められる機械技術者像を一考する題材を提供する。なお、以下ではデジタルツインを「DT」、デジタルツインラボラトリを「ラボ」または「DT-Lab」と略記する場合がある。

東京理科大HEXAGON/TUSデジタルツインラボ

東京理科大学では、計測用ハードウェア・ソフトウェアや製品開発のソリューションを幅広く展開する欧州企業HEXAGON M.I.社(以下、HxGN社)からの資金提供に基づく共同研究の枠組みを2019年度にスタートさせ、続いて2020年4月に工学部情報工学科内に社会連携講座「HEXAGON/TUSデジタルツインラボラトリ」を開設することで、デジタルツインに関する研究や人材育成活動を開始した(1)(2)。発足の背景には、HxGN社の一部となった旧MSCソフトウェア社との「デジタルツインの定着により日本のものづくり産業界に内在する長期的課題の解決を目指す」という大きな共有理念がある(3)。また、同ラボを大学直下の総合研究機構といった大きな組織ではなく学科内の設置にしたのは、当時の学長の意見によるもので、機構の改編が動きつつあったこと、学科内に置くことで既存の研究室活動と一体的な運用が可能となり、活動の機動性と自由度が高まるという意図がある。提供資金により2名の専属教員が雇用されているほか、工学部情報工学科、同機械工学科、理工学部機械工学科の組織横断という形で、流体、構造材料、情報系の多分野の教員が同ラボの活動に参画している。また、HxGN社側からも6名のエンジニアが参画し、テーマに合わせてそれぞれが連携して対応している。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: