日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」

企画チーム活動記

井上 裕嗣(東京工業大学)

はじめに

本稿では、学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」の企画チームの活動について、執筆者の個人的感想を中心に紹介する。

ことのはじめ

2018年の11月初旬に、当時の常勤理事の久保田裕二氏から電子メールをいただいた。2019年度年次大会(秋田)では、従来の部門提案の積上げ方式からの脱却を図るために理事会企画のOSを設定する方向であり、そのうちの1テーマ案として「インフラの健全性評価(仮題)」が挙がっているので相談したいとのことであった。自分一人では大変だと直感したので、有力な方々にご協力いただいてしっかりとしたチームを結成することが必要だと身勝手に主張して、当時の信濃町の事務局で久保田氏とともに候補者をリストアップした。

まず、理事会企画OSというからには、最近の理事経験者に先導していただくことがよいと考え、中でもこのテーマに最も適した井原郁夫氏にお願いすることを考えた。次に、JSME全体の協力体制を築くのがよさそうだと考えて、このテーマに関連のある部門や委員会からそれぞれお一人ずつに参画いただくことを考えた。さらに、国内の多くの学協会において学協会間の連携の必要性が認識され始めていたことから、日本非破壊検査協会に協力を依頼することを考えた。

各方面に打診したところすべての方から早々にご快諾いただき、ゼロからの出発にもかかわらず、わずか1カ月で9名(日本非破壊検査協会と土木学会からの委員各1名を含む)の企画チームが構成できたのは大変な幸運であった。これは、「インフラの健全性評価」というテーマに対して多くの部門や学協会が高い関心を持っていたからだと思う。さらに幸運なことに、この企画チームメンバーは幸いにも有力かつ熱心な方ばかりであって、その後の「学会横断テーマ」も同じメンバーで活動が継続されている。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: