日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

転ばぬ先の失敗学

第1回 失敗の原因をしつこく考えよう-100年前のタイタニック号沈没事故を例にとって-

失敗学の連載にあたって

筆者の失敗学は、技術者のための失敗学である。技術者はより良い方向へと挑戦し続ける。だから、いくら技術者のモラルが高くても、事故、災害、ミス、トラブル、不具合の類は付きものである。ゼロリスクはあり得ない。でも事前にリスクに気付いて、致命的な損失だけは避けるべきである。連載では、「転ばぬ先の杖」のような工学的知識を紹介する。

なお、ここでは失敗として、寝坊、口論、ドタキャンのような生活上のミスは扱わない。また、再発防止策として安全文化・コンプライアンス・法工学・技術者倫理のような社会学的な方法も扱わない。他を探せば、いくらでも書籍や学会特集号の解説があるから。

1996年に研究室OBたちと「続々・実際の設計 失敗に学ぶ」(畑村洋太郎編著、日刊工業新聞社)を執筆した。2000年にそれを立花隆先生がテレビ番組で紹介し、「失敗学」と名付けてくれた。そこで2002年に畑村洋太郎先生と一緒に「NPO失敗学会」を設立して、筆者は「失敗学の伝道師」となった。

失敗学では「失敗のナレッジ・マネジメント」を実行する。例えば、「炭素鋼には、低温時にガラスのように砕ける特性、『低温脆性』がある。その昔、リバティ船やタイタニック号は冷たい海で脆く壊れて沈没した。マイナス100℃のような低温下で用いる機械は、面心立方晶のアルミニウムやオーステナイト系ステンレス鋼で設計しよう」というように。

筆者は失敗のナレッジを収集・分析し、「失敗百選(2006年)」「続失敗百選(2010年)」「続々失敗百選(2015年)」を執筆した。平成の間、伝道も絶好調であったが、令和になると陰りが出てきた。日本経済がジリ貧になって失敗の回避よりも、成功への挑戦に注目するようになったから。つまり、皆が創造設計、スタートアップ、人工知能、脱炭素化等に傾注し始めた。そこで「脱・失敗学宣言(2021年)」(4冊とも中尾政之著、森北出版)を執筆し、そこではデジタル技術の応用と違和感の創発を提唱し、従来の失敗学を路線変更した。連載では順を追って説明しよう。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: