日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」

学会横断テーマの企画チームに参加して

三原 毅(島根大学)

年次大会の活性化について

機械学会での筆者の立ち位置

製造時から使用時にかけて、材料が持つ正常な組織に起こる異常や欠陥、それらが機械強度を害する場合、筆者の専門は非破壊検査・計測法なので、工学的に規定される許容強度の範疇で利用できるよう、各種電気計測を使って、欠陥を非破壊評価できる手法を研究してきた。したがって、材料工学・機械工学・電気工学の学際領域が活動領域となり、思い返せば、材料工学科で教育を受け、配属研究室では機械工学ご出身の先生方に学び、超音波機器の研究で、共同研究を行った同じ大学の電気工学科研究室のゼミに参加し、それぞれの分野の基礎を学んだ。しかし学際領域の研究には、学際領域を勉強し続ける必要があり、学会活動も必然的に学際的になるので、所属学会や参加する学会も機械学会・非破壊検査協会・金属学会・鉄鋼協会・応用物理学会などどうしても範囲が広がる結果、本当の専門が不明の根無し草的な立ち位置となる。

著者らが初めに配属された研究室は、材料系の中で機械工学の教育を担当していた。そのため、初めて参加した国際会議もASME主催のものであった。それ以来、日本機械学会には定常的にかかわってきた。

年次大会への参加形態とジレンマ

上記の通り、年次大会は機械学会の学術利用の一定のウェイトを占めるので、当初普通に参加していたが、いつからか、非破壊検査や計測を共有する先生方からの要請で、OSやテーマを絞った講演に参加する比率が増えていった。気が付けば他の大きな学会同様、多くのセッションで沢山の発表が行われているものの、専門が細分化したこともあって、会場で目にする発表は、我々を含め、以前から知る近しい研究者の近況報告会の様相を呈している。近しい分野のみを効率的に聞ける利点はあるが、自分にとって新しい興味を掻き立てなくなったと感じてきた。こうなると巨大な年次大会も、実質ローカルな研究会、あるいはともすれば、座長とまばらな参加者のみの発表会であるケースも散見されてきた。それでも、部門ごとに企画されるタイムリーなテーマのOSに参加し、特別講演を聞き、馴染みのない部会の講演会も意識して覗いたりしたものの、特定の分野の専門家のみを想定した講演会は、他分野の素人聴衆にはどうしてもハードルが高く、知的宝の山であろう年次大会をどう利用するか、個人的に決めかねる状態が続いていた。むろんこれは機械学会だけの問題ではなく、金属学会・応用物理学会などの巨大な学会が抱える、共通の課題でもある。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: