日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」

ロボティクス・メカトロニクス部門の取組みと期待

大野 和則(東北大学)・藤田 淳〔三菱重工業(株)〕

ロボティクス・メカトロニクス部門の取組み

ロボティクス・メカトロニクス部門は、2022年で設立34年を迎え、現在の1位部門登録者数は、約2000名、1位~3位は約4500名の大きな部門となり、活発な学会活動を進めている。

ロボティクス・メカトロニクスに関する当部門の研究および技術領域は大変広範囲におよび、我々の生活において世の中で目にするほぼすべてのモノ(例えば、日本の代表産業である自動車や家電、農業機器や医療機器、インフラ保守・保全から娯楽に至るまで)に何らかの形で関わりがある。そして、その研究分野では、機構や構造といったメカニズムと、情報処理や制御理論、これに付随してセンシング・通信・パワエレ・確率論・システム設計・人や生物との関わり・VRなどの書ききれないほどの研究要素があり、これらは今後増大し続けると考えられる。このような広い技術領域をカバーしていることが、我々の部門の特徴で、自身の専門領域で得られた日々の研究成果は、同じ専門領域は勿論のこと、他の専門領域の研究に密接に、時には偶然に影響を与え、部門全体が大変活発に研究・開発を行っている。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: