日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」

機械力学・計測制御部門の取組み、ニーズ、シーズ

井上 剛志(名古屋大学)

機械力学・計測制御(DMC)部門の紹介

機械力学・計測制御(DMC)部門は2022年現在、36年目の部門である。部門ホームページ(https://www.jsme.or.jp/dmc/)もぜひ参照されたい。同部門は「四力学」の「機械力学」(機械のダイナミクス)と「計測と制御」の分野を主たる活動基盤としており、学術的な基礎研究から実践的な応用研究まで幅広く活動している。第3位までの部門登録 4953名(2022年3月)は機械学会で2番目の規模である。例年8-9月に開催される部門講演会「Dynamics and Design Conference」(D&D講演会)では国内の機械力学・計測制御に関する研究発表が活発に行われる。2021年までの2年間は新型コロナ感染症の影響でオンライン開催であったが、この2022年9月5-8日には3年ぶりに秋田県立大学にてハイブリッド形式で開催され、発表250件、参加者500名と成功を収めた。また、部門連携として交通物流部門との連携企画が持たれた。同部門所属の25研究会があり、企業会員も多いことが特徴である。

DMC部門のシーズ

部門の研究会活動と絡めて本テーマ関連のシーズを紹介

今回のテーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化~ 部門連携・学会連携への期待 ~」に関連があるDMC部門の研究会を取り上げ、活動を紹介する。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: