一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

宇宙工学講座「宇宙工学の最前線を肌で感じよう!」 -「機械工学便覧 応用システム編γ11 宇宙機器・システム」を教材として -

2011年11月18日 | 宇宙工学部門特別講演会No.11

【協賛(予定)】
愛知工科大学,日本航空宇宙学会

【開催日】
2011年11月18日(金)13:00~17:30

【趣 旨】
本宇宙工学講座では,若い技術者の方々を対象に宇宙工学基礎知識の習得を目的として,「機械工学便覧 応用システム編γ11 宇宙機器・システム」の執筆者の先生方4名を講師としてお招きし,便覧の内容を分かりやすく解説して頂くとともに,様々な内容を多岐に亘って講義していただく講座を企画しました.若い技術者の方々には,是非この機会に体系立った最前線の知識を習得して頂きたいと考えています.

【プログラム】(講演時間には質疑10分、休憩5分を含んでいます.)
12.30~13.00 受付
司会:JAXA 下田 孝幸

13.00~14.00 (1)「宇宙ロボティクス」
            JAXA月・惑星探査プログラムグループ  西田信一郎
14.00~15.00 (2)「宇宙環境」
            東京都市大学  五家 建夫
15.00~15.15  休憩

15.15~16.15 (3)「宇宙ステーション科学実験機器の設計と実際」
            JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部  藤本 信義

16.15~17.15 (4)「ロケット技術」
            九州大学 教授  幸節 雄二

17.15~17.30 閉会の挨拶
          愛知工科大学 教授  奥山 圭一

【定 員】
100名(定員になり次第締め切ります.会員外の方も歓迎いたします.)

【対 象】
大学生以上,社会人5年目程度までの方を中心としますが,希望すれば年齢・経験は問いません.

【資 料】
「機械工学便覧 応用システム編γ11 宇宙機器・システム」(定価4 830円)を使用し,参加費に含まれております.すでにお持ちで不要の方は,参加費より3 500円割引ますので,申込みの際にお書き添え下さい.その場合には,ご自身の資料をご持参下さい.

会場
名古屋工学院専門学校
〔愛知県名古屋市/JR東海道線「熱田」駅下車徒歩12分,名鉄「神宮前」駅徒歩7分,地下鉄名城線「伝馬町」駅下車1分〕
参加登録費

【参加費】
会員:5 500円,会員外:7 000円,学生員:4 500円,一般学生:5 000円,参加費は当日会場にてお支払い下さい.

申し込み先

【申込方法】
「場W11-97 宇宙工学講座参加申込」と題記(電子メールの場合はSubject名)し,(1)氏名,(2)会員資格,会員番号,(3) 年齢,(4)勤務先・学校名,所属部課名,(5)連絡先所在地・電話番号・FAX番号・電子メールアドレス,を明記し,下記申込先あてに電子メールまたはFAX,郵送でお申し込み下さい.

問い合わせ先

【問合せ・申込先】
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階
日本機械学会 宇宙工学部門担当職員/滝本真也
電話(03)5360-3505/FAX(03)5360-3509
E-mail:takimoto@jsme.or.jp

イベント一覧へ