一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

メカトロ機構における基礎計測技術

2011年11月18日 | 情報・知能・精密機器部門講習会No.11

【趣 旨】 
科学技術の発展に伴い,様々な高性能の精密機器,情報機器,医療機器,知能機械,各種実験装置等が開発されています.しかし,多くの機器において機械振動や電気ノイズは基本的な問題であり,各種機器の開発の際にはこれらの対策に多くの時間がかけられます.また,力やトルクを計測する際にひずみゲージがよく用いられていますが,やはりノイズ対策等が大きな問題となります.本講習会では,「ひずみゲージの使い方」,「機械振動の減らし方」,「電気ノイズの減らし方」の三つをキーワードとする基礎技術について,企業の若手技術者や学生を主な対象とし,それぞれの専門家から分かり易く解説していただきます.

【プログラム】
司会:鳥取大学 松岡 広成
9.30~11.30 「ひずみゲージの使い方」 (株)東京測器研究所 企画技術課 渡辺 智美
11.30~12.30 (昼食 1時間)
12.30~14.30 「機械振動の減らし方」 広島大学 教授 三枝 省三
14.40~16.40 「電気ノイズの減らし方」 (株)日立製作所  生産技術研究センタ 鳥越 誠
 
【定員】
40名 (申込み先着順により定員になり次第締め切ります.)

会場
日本機械学会第1会議室(東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階)
JR中央・総武線「信濃町」駅下車,徒歩1分/電話(03)5360-3500
会場URL
http://www.jsme.or.jp/gakka5.htm
参加登録費

【聴講料】
会員15 000円(学生員4 000円),会員外20 000円,一般学生6 000円.いずれも教材1冊分代金を含みます.開催日の10日前までに聴講料を着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕がある場合,当日受付をいたします.なお,聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.

【教材】
教材のみご希望の方,または聴講者で教材を余分にご希望の方は1冊につき,会員3 000円,会員外5 000円にて頒布いたします.講習会終了後は教材を販売いたしませんので,開催前に代金を添えて予約申し込み下さい.講習会終了後に発送します.

申し込み先

【申込方法】
日本機械学会ホームページのオンライン申込み( http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm )をしていただくか,同ホームページの行事申込書フォーム( http://www.jsme.or.jp/form/eveprop.doc )をお申し込みいただき,開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕があれば当日会場受付とさせていただきます.聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金いたしかねますのでご注意願います.

問い合わせ先

日本機械学会 情報・知能・精密機器部門担当職員 仲野 美弥
電話(03)5360-3501/FAX(03)5360-3508
E-mail:nakano@jsme.or.jp

イベント一覧へ