一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

講習会 噴霧燃焼の理論と実際 -液滴燃焼からレシプロ・ガスタービン・ロケット機関における実例まで- 

2012年1月06日 | エンジンシステム部門講習会No.11

【協賛(予定)】
日本燃焼学会,日本液体微粒化学会,自動車技術会,日本内燃機関連合会,日本航空宇宙学会,日本ガスタービン学会,日本マリンエンジニアリング学会,石油学会,大気環境学会

【趣旨】
液体燃料は液体のままでは燃焼しない.燃焼に先だって必ず微粒化・蒸発・混合という物理過程を経る.このため噴霧燃焼は極めて複雑な現象として知られており,その本質をとらえるため様々な研究が行われてきた.本講習会の前半では,噴霧燃焼の単純化モデルである単一液滴燃焼・液滴群燃焼について解説し,液滴が燃えるという現象の本質について理解を深めます.後半では,噴霧燃焼の応用例として,レシプロ機関・ガスタービン機関・ロケット機関をとりあげ,各機関が抱える技術課題と,噴霧燃焼の技術革新によるブレークスルーの可能性について,最近の研究事例を基に解説を行います.どの講演も,基礎的な内容から解説を行う予定です.ふるってご参加ください.

【題目・講師】
【午前の部】
10.00‐10.05/開会挨拶

10.05‐11.05/液滴燃焼に及ぼす雰囲気場の影響
講師 日本大学 今村 宰

11.15‐12.15/液滴群燃焼
講師 山口大学 三上 真人

(12.15 – 13.30 休憩)

【午後の部】
13.30‐14.30/燃料微粒化がガソリン機関冷始動性に及ぼす影響
講師 群馬大学 荒木 幹也

14.40‐15.40/ジェットエンジン用燃焼器における低NOx燃焼技術の研究開発
講師 宇宙航空研究開発機構 松浦 一哲
  
15.50‐16.50/液体ロケットエンジン推力室における熱流動現象
講師 東京大学 井上 智博

16.50‐17.00/閉会挨拶

【教材】
講習会に参加されず教材のみご希望の方は1冊につき会員3,000円, 会員外4,000円.教材のみを入手ご希望の方は https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index
よりお申込み下さい.
 

【定員】
 40名,申込先着順により,定員になり次第締切ります.

【申込締切日】
2011年12月20日

会場
東京海洋大学 越中島キャンパス 越中島会館2階SCS教室
[〒135-8533 東京都江東区越中島2-1-6/電話(03)5245-7300/JR京葉線「越中島」駅徒歩2分,東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅徒歩10分,東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅徒歩10分]
会場URL
http://www.e.kaiyodai.ac.jp/access.html
参加登録費

会員15,000円(学生員5,000円),会員外25,000円(一般学生7,000円),
いずれも教材1冊分の代金を含みます.
尚,協賛団体会員の方も本会会員と同じ取り扱いとさせていただきます.

申し込み先

本会ホームページhttp://www.jsme.or.jp/kousyu2.htmよりお申込みください.または,本会ホームページhttp://www.jsme.or.jp/gyosan0.htmより行事申込書をプリントいただき,必要事項をご記入の上,FAX03-5360-3507でもお受けしております.12月20日までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕があれば当日会場受付とさせていただきます.聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金いたしかねますのでご注意願います.

問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会
(担当職員 加藤 佐知子)
電話(03)5360-3503

イベント一覧へ