一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

講習会 実験流体力学 その基本から先端的な技術まで

2012年8月06日 | 流体工学部門講習会No.12

【協 賛】
日本航空宇宙学会,可視化情報学会,日本流体力学会

【趣 旨】
流体力学のための実験技術は,自動車,鉄道車両,航空機などの輸送機の空力特性の改善や騒音の抑制,ポンプや送風機などの流体機械の性能向上のような機械工学の分野だけではなく,ビル風の予測や橋梁の耐風設計などの建設分野,血流の予測が必要な医学分野など多方面で必要となります.今回の講習会では,乱流場の速度を計測するときに最も便利な熱線風速計,PIV(粒子画像による速度の計測法)による流れの可視化,風洞実験による空気力の測定及びPSP(感圧塗料),TSP(感温塗料)による物体表面圧力や温度の測定法を取り上げ,講師の方々にはそれぞれについて基礎的な事項から最新の話題までを取り上げていただきます.本講習会は,企業の技術者や学部・大学院の学生を対象にしており,多数の方々の参加をお待ちしております.

【プログラム】
9:50~11:20 「熱線風速計の基礎と応用」 
         日本大学理工学部 機械工学科 松本 彰 先生
11:30~13:00 「PIVの基礎と応用」 
         筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域 榊原 潤 先生
13:00~14:00  昼休み(機器展示の予定)
14:00~15:30 「風洞実験(空気力の測定)の基礎と応用」
         東北大学 流体科学研究所 低乱風洞実験施設 澤田 秀夫 先生
15:40~17:10 「感圧・感温塗料を用いた熱流体計測法の基礎とその応用」
         東北大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 永井 大樹 先生
17:20~17:50  機器展示メーカーによるショートプレゼンテーション(予定)
18:10~20:30  懇親会 

【定 員】
60名程度

【聴講料】
会員15,000円,会員外20,000円,学生員/大学院生の会員*5,000円,一般学生7,000円
〔*流体工学部門企画講習会では大学院生の会員は,行事申込時に通信欄にお申し出頂いた場合に限り学生員の聴講料で参加ができます〕
いずれも教材1冊分の代金を含みます.協賛団体会員の方も本会会員と同じ料金とさせていただきます.開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申込ください.それ以降は,定員に余裕がある場合,当日受付けをいたします.なお,ご入金後の取消しのお申し出がありましても,聴講料は返金できませんので,ご注意願います.

【教材】
教材のみご希望の場合,一冊につき2000円(会員),3000円(会員外)にて頒布いたします.
(教材のみの販売についましては,講習会終了後には販売しません)

【申込方法】
申込者1名につき,行事申込書( http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htm )に必要事項を記入してお申
込みいただくか,Web(http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm )からお申込みください.

会場
日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館3階131教室
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
交通  JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 下車徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 下車徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 下車徒歩5分 

http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/access.html
会場URL
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/information/surugadai.html
問い合わせ先

日本機械学会 流体工学部門/担当職員 滝本真也
電話(03)5360-3505/FAX(03)5360-3508
E-mail:takimoto@jsme.or.jp

イベント一覧へ