一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

イブニングセミナー(第208回)鉄道車両の進化とその背景 -鉄道車両設計の現場から-

2017年7月26日 | 技術と社会部門特別講演会No.17-60

企 画   技術と社会部門

開催日   2017年7月26日(水)18.00~20.00

趣 旨

技術はいま,資源,環境問題をはじめ,巨大化とブラックボックス化による人間疎外の傾向に関して多くの批判にさらされている.技術が受け入れられて発展するのも,拒絶され衰微するのも,また技術者の社会的地位のあり方も,社会との深い関わりの中にあることは明らかである.

われわれが新しい時代を担う責任ある技術者であろうとするならば,人間についての深い洞察を持つとともに,社会の動きを正しく見極めなければならない.技術と人間,技術と社会の関わりについて現状を理解し,将来を展望することを目的とする.

 

講演テーマおよび講師

近年の鉄道車両は公共の乗り物として,スマートになりクリーンなイメージを作り出し,人々に乗ってみたいと思わせる創意工夫とデザインを持って登場している.その様々な種類の車両図面を作り出してきた技術者が,車両をどのように捕らえて大衆の支持を得る乗り物として実現してきたかを設計の現場を通して紹介する.

 

鉄道車両の進化の成り行きを世の中の技術の進歩と比較すると共に,事故から学び車両の進化の構図が修正されてきたことを述べてみたい.

 

日本における鉄道車両産業が今後どのように成長し,海外にどのような影響力を与えるか,また,近未来にどう進化することができるのか,これまでの取り組みの経験からその予測をレビューする.

 

鉄道車両の見えない魅力を,一人の設計技術者の体験談から,その知られざる世界をわかりやすく話す.受注生産,高速車両,標準車両,海外輸出,国際規格,競争入札などの舞台裏の雑多な話しを通じて,普段見かける鉄道車両の側面を楽しんでいただければ幸いである.

 

講師:鈴木久郎(株式会社 総合車両製作所 生産本部 技術部)

 

次回予定

第209回 2017年8月30日(水)

テーマ:アメリカに見る子供の防火教育と火付け防止プログラム

講師:長谷川裕子(RISK WATCH リスクコミュニケーター,前 在日米海軍司令部地域統合消防隊予防課課長)

会場
明治大学理工学部駿河台キャンパス(アカデミーコモン8階 308F教室)
会場URL
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
参加登録費

正員1,000円(学生員 無料),会員外1,500円(一般学生 500円)

当日会場にて受け付けます.

懇親会 明治大学アカデミーコモン1階の「カフェパンセ」にて,講師を囲んで懇親会を行います.

懇親会参加費3,000円,学生1,500円.セミナー終了後に懇親会場にて受け付けます.

申し込み先

「No.17-60イブニングセミナー(第208回)申し込み」と題記し,

(1)会員資格(会員番号),(2)氏名,(3)勤務先・所属,(4)連絡先(郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)を

明記の上,E-mailまたはFAXにて下記までお申し込み下さい.

申込先 日本機械学会(担当職員 片岡)

E-mail:kataoka@jsme.or.jp,FAX(03)5360-3508

問い合わせ先

KoPEL 小西義昭/電話080-4092-0020,E-mail:ysk.konishi@nifty.com

明治大学 村田良美/電話(044)934-7350,E-mail:murata@isc.meiji.ac.jp

 

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/tsd/

イベント一覧へ