一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第29回内燃機関シンポジウム-サステイナブルエンジンシステムを目指して-

2018年11月26日 - 2018年11月28日 | エンジンシステム部門講演会共催No.18-18

【開催日】2018年11月26日(月) ~28日(水)

【企画】エンジンシステム部門

【共催】一般社団法人日本機械学(幹事学会),公益社団法人 自動車技術会

【協賛(予定)】可視化情報学会,石油学会,日本液体微粒化学会,日本エネルギー学会,日本ガス協会,日本ガスタービン学会,日本トライボロジー学会,日本内燃機関連合会,日本燃焼学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本陸用内燃機関協会

 

【開催趣旨】

内燃機関シンポジウムは,車両をはじめとする各種パワートレインの健全な発展を図るために,エンジンシステムの先進技術に関す

る情報交換の場を提供することを目的として,日本機械学会と自動車技術会の共催により1970年から開催しているものです.

2018年度は第29回となり,日本機械学会エンジンシステム部門が主担当となり開催いたします.

本シンポジウムの目的は,エンジンの熱効率向上と排出ガスの有害成分低減の両立という困難命題に挑戦し続けるエンジンシステム

技術について,企業,大学,研究所等に属する研究者,技術者,学生が意見交換を行うとともに,次世代を担うエンジニアを育成す

ることです.

 

内燃機関シンポジウムの位置づけは,国内で毎年定期的に開催されるエンジン関連の最高峰のシンポジウムであり,目的の一つに

「エンジン技術発展のために,大学教員や大学院生,企業若手エンジニア,ベテランエンジニアとの研究・技術の交流の場とする」

ことが掲げられています.さらに,完成度の高い研究発表および十分な質疑応答が可能となるような講演時間が確保されていること

が特色であると考えます.エンジンシステム部門の皆様におかれましては,奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます.

 

第29回内燃機関シンポジウム

実行委員会委員長 千田 二郎

 

【募集要旨】

(1) 本講演会での講演は,日本機械学会の個人会員(正員,学生員)および自動車技術会の個人会員(正会員,学生会員)か,相互

性(研究発表に関し本会会員が協賛・後援団体において同等の扱いを受ける)が確認できる協賛団体の個人会員に限ります.

(講演申込時に会員資格が必要ですので,会員資格をお持ちでない方は,この機会にぜひご入会下さい.本会への入会は毎月20日

(休日の場合は前営業日)までに既定の手続きを終える必要があります.

会費支払い方法によっては,手続きに1週間以上かかる場合もありますので,5月中には会員資格を得ているよう入会の手続きをして

下さい.)

(2)講演発表の採否は,シンポジウム実行委員会に一任願います.

(3)原則,講演時間15分,討論10分です.

(4)講演論文集は,1編10ページ以内(A4版)

(5)日本機械学会会員ならびに自動車技術会会員は,講演発表の有無にかかわらず所属学会論文集に投稿できます.

 

【主要日程(予定)】

【講演申込開始日】2018年3月中旬

【講演申込(アブストラクト締切)締切日】2018年6月末 7月18日23:59迄(変更になりました)

【講演採択通知】2018年8月中旬(e-mailにて通知します)

【原稿提出締切日】2018年9月中旬

【使用言語】日本語あるいは英語

 

【表彰】

本講演会は若手優秀講演フェロー賞・ES部門ベストプレゼンテーション表彰の対象となります.

F(フェロー賞):2019年4月1日現在において26歳未満の会員

B(ES部門ベストプレゼンテーション賞):35歳以下の研究者(学生を含む),技術者

会場
同志社大学 新町キャンパス 臨光館(京都府京都市上京区)
会場URL
https://www.doshisha.ac.jp/m_ad/campus/imadegawa/shinmachi.html
参加登録費

(講演論文CD-ROM含む会員不課税・会員外消費税込)

正会員※        13,000円(10/31以前) 15,000円(11/1以降)

会員外           28,000円(10/31以前) 30,000円(11/1以降)

学生(会員※)  4,000円(10/31以前)  6,000円(11/1以降)

学生(会員外)  8,000円(10/31以前) 10,000円(11/1以降)

※共催および協賛学協会会員は会員扱いです.

※博士課程の学生は,学生料金(参加登録費・懇親会費)にてご参加いただけます.

 

【懇親会】
日時:2018年11月 27日(火) 18:00~20:00予定
会場:同志社大学 寒梅館1階 アマーク・ド・パラディ寒梅館
懇親会費:一般:6,000円(10/31以前) 7,000円(11/1以降)
学生:3,000円(10/31以前) 4,000円(11/1以降)

申し込み先

第29回内燃機関シンポジウムホームページ(http://www.jsme.or.jp/conference/ICES2018/)(2018年3月末公開予定)の

「講演申し込み」にて必要事項を入力のうえお申込下さい.

希望セッションの欄には,次の募集分野からご希望の分野を選択して下さい.

【募集領域】募集分野/:

【エンジン燃焼】ガソリン燃焼,ガソリン噴霧,予混合圧縮着火,着火と燃焼,ノッキング,混合気形成,ディーゼル燃焼,

ディーゼル噴霧/

【排気・環境】排気,触媒,後処理,廃熱回収,環境影響評価,熱マネジメント

【燃料】バイオ燃料,石油代替燃料,水素,燃料添加物/

【潤滑油・トライボロジー】潤滑油,トライボロジー,摩擦・磨耗,低摩擦化/

【振動・騒音】振動,騒音/

【新機構・システム】可変機構,ガスエンジン,ロータリエンジン,ガスタービン,ハイブリッド技術/

【要素技術】燃料噴射,過給,吸排気系,冷却・伝熱/

【計測・制御】計測・診断法,レーザ計測,数値計算・シミュレーション,システム制御,最適化

 

【重要なお知らせ】
シンポジウム開催時期は京都の観光シーズンと重なっており,直前のホテル予約は困難と考えられます.お早めの予約をお勧め致します.

問い合わせ先

日本機械学会エンジンシステム部門(担当職員 総務G曽根原)

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階

電話(03)5360-3500/(FAX)03-5360-3508

E-mail:sonehara@jsme.or.jp

講演申込締切
2018年7月18日

イベント一覧へ