一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第31回「M&Pサロン」

2018年6月22日 | 機械材料・材料加工部門特別講演会No.18-61 

企画  機械材料・材料加工部門

開催日 2018年6月22日(金)18:00-19:30

 

趣旨

自動車の車体軽量化のためにアルミニウム合金が使われるようになってきた.従来,エンジンや駆動系の鋳物合金が多用される中,最近では,パネルなどの車体系部品に使われるようになってきた.

将来,ハイブリッドを含む電動化が進むといわれているが,航続距離を延ばす上でも車体軽量化は課題であり,軽量素材であるアルミニウム合金が着目されている.本講演では,自動車車体に用いられる展伸用アルミ合金の採用事例,開発状況および将来のマルチマテリアル化に対応するための技術について報告する.

第31回「M&Pサロン」の講演では,「自動車用アルミニウムの適用と展望」について話題提供いただき,参加者の方々と気軽に自由討論していただきます.奮ってご参加くださいますようご案内いたします.

 

題目  自動車軽量化のためのアルミニウム合金の適用と将来技術

講師  櫻井 健夫 様

(㈱神戸製鋼所)

 

定 員    40名

会場
東京工業大学(大岡山キャンパス)南1号館 215号室
会場URL
https://www.titech.ac.jp/maps/
参加登録費

会員1000円,会員外2000円,学生・院生無料

参加費は,当日会場にてお支払いください.

申し込み先

①氏名,②所属,③勤務先住所,④電話番号,⑤会員資格の有無(会員の方は会員番号を記入して下さい)

記入の上,担当者 市原 (ichihara@jsme.or.jp/03-5360-3506) までE-mailにてお申し込みください.

なお,当日の自由参加も受け付けいたします.終了後,講師を囲んで懇親会(実費)を行います.

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/mpd/

イベント一覧へ