一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

1DCAE実践講座(1DCAEスクール)第2回(H30年度)

2018年7月26日 - 2018年7月27日 | 設計工学・システム部門講習会No.18-26

[企 画] 設計工学・システム部門

[協 賛] 日本計算工学会,日本設計工学会,日本シミュレーション学会

[開催日] 2018年7月26日(木),27日(金)

 

[趣 旨]

4月の第1回に引き続き、第2回を開催する。戦略編では“ものづくりとリスク”の考え方を紹介、戦術編では事例を通した性能評価

手法を考え、モデリング編では“熱と流れ”について学ぶ。事例では“エンジニアリング・デザインの実際”を紹介する。

演習では、熱と流れの評価を実践する。本講座を通して、1DCAEの戦略的適用方法を理解、現象の理解と評価法を修得、最終的に

1DCAEの考え方による設計の実践を可能とする。

なお、今後は第3回(10月25,26日)、第4回(2019年1月24、25日)を予定している。

 

[プログラム・題目・講師]

1日目(26日)

  1. 10:00~12:00「講義1:戦略編(ものづくりとリスク)」

ものづくりにリスクは避けて通れない。製品安全性に関するリスクだけでなく、挑戦を避けることによる機会損失リスクにも言及、1DCAEの立ち位置を明らかにする。

明治大学 大富浩一

 

  1.  13:00~15:00「講義2:戦術編(性能評価手法)」

“ゴミを取る”という機能を起点にこれを具現化する方法、方式を考える。これを受けて構造に展開、最終的にその性能を評価する手法を考える。

明治大学 大富浩一

 

  1.  15:00~17:00「講義3:モデリング編(1)(流れのモデリング)」

流れをモデリングする際の基本事項を“流れ学”の視点から講義する。特に、管路内の流れに関して具体的なモデリング方法を紹介する。

明治大学 大富浩一

 

(終了後交流会を予定)

 

2日目(27日)

  1. 9:00~11:00「事例:エンジニアリング・デザインの実際」

日本の製造業が本来持っていたノウハウそのものが「エンジニアリング・デザイン」である。事例を通してその適用方法を学ぶ。

松江高専 別府俊幸

 

  1.  11:00~12:30「講義4:モデリング編(2)(熱のモデリング)」

伝熱の3形態(伝導、ふく射、対流)について解説するとともに、これを基本に熱のモデリングを行う手順について学ぶ。

金沢工大 福江高志

 

  1.  13:30~17:00「演習:熱と流れの評価」

具体的ないくつかの事例に関して、熱と流れに関する性能を評価するための手順、評価結果の検証方法を演習形式で実践、体得する。

金沢工大 福江高志、明治大学 大富浩一

 

 

[定員] 50名

 

[教材]

教材のみ希望の場合は,また聴講者で教材を余分にご希望の方は

Web (https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-26) からお申し込み下さい.

1冊につき,会員 4,000円,会員外 6,000円にて頒布いたしますので,開催前に予約申込み下さい.

講習会終了後発送いたします.

会場
日本機械学会 会議室(新宿区信濃町)
会場URL
https://www.jsme.or.jp/about/about-jsme/access/
参加登録費

会員 30,000円(学生員 15,000円),会員外 40,000円(一般学生  20,000円)

※いずれも教材1部を含みます.

※学生員から正員資格へ変更された方は,変更後3年間,本会講習会へ学生員価格にてご参加できます.

申込フォームにて,「正員(学生員から正員への継続特典対象者)」を選択し,通信欄に[卒業年]と[学校名]を記載下さい.

※協賛団体会員の方は会員と同様の料金にてお申込み可能です.

※特別会員としてお申込み予定の方につきましては,事前に行事参加料割引券を下記担当までお送り下さい.

 

[支払期限]

原則、講習会開催10日前まで.別途、送金日をご連絡下さい.

また,当講習会では銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせて頂き,聴講券(兼領収書)は発行致しませんので,

当日はお申込み時の自動返信メールを印刷の上,会場受付までお持ち下さい.

本会所定の領収書がご入用の場合には https://www.jsme.or.jp/test/ をご参照の上,別途お申し込み下さい.

申し込み先

https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-26から御願いします.

  1. 請求書発行希望の方は請求書宛名をご記入下さい。
  2. 当日現金でのお支払いをご希望の場合は「現金書留」をご選択の上、備考欄に当日受付希望とご記入下さい。
問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会

設計工学・システム部門担当職員 上野晃太

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階

電話 03-5360-3505 E-mail: ueno@jsme.or.jp

イベント一覧へ