一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

「交通・物流機械の自動運転2018」自動運転技術の法律や経済、安全性など社会生活に与える影響

2018年10月26日 | 交通・物流部門講習会No.18-100

主催:日本機械学会 交通・物流部門

協賛:計測自動制御学会,自動車技術会,システム制御情報学会,精密工学会,電気学会,電子情報通信学会,日本工学会,

 日本シミュレーション学会,日本知能情報ファジィ学会,日本フルードパワーシステム学会

日時:2018年10月26日(金) 10:00-17:40

 

趣旨:

近年における電子技術の急速な発展により、航空機や船舶、鉄道車両等、様々な輸送機械での自動運転の実用化が進展しつつある。

自動車は、これらに比べ、歩行者や自転車等といった、道路上の混合交通のため、自動運転が難しいとされるが、人工知能AI等の

技術進歩により、実用化が現実味を帯びてきている。

しかしながら、ウーバー社による自動運転車による歩行者死亡事故も既に発生しており、自動運転については、より一層の安全な

運用や法律の整備が必要であり、さらには、社会受容性、倫理的側面、経済的側面等、様な視点から考えることが重要である。

このような背景から、日本機械学会では、2015年度に部門協議会直属の「自動運転に関する分野横断型分科会」を発足させ、活動

に取り組んできました。

本講習会は、その成果の会員および社会への還元の一環として、交通・物流部門が主催して実施するものです。

 

今回の講習会では、自動運転技術の社会への影響や、ユニークな自動運転技術、安全性と自動運転の係わり、事故発生時における

法的な視点からみた問題点等について、各分野の専門家に講演をお願いしました。

昨今、自動運転に関する講習会は、多く開催されていますが、多角的な分野を交えた観点から自動運転技術を聴講できる機会は、

本講習会以外では滅多にありません。皆様、是非共、お誘いあわせの上、ご参加ください。

 

題目・講師

10:00-10:10

日本機械学会「自動運転に関する分野横断型分科会」委員長挨拶

 

10:10-11:00

1.自動運転によって社会はどう変わるか? (仮題)

高田博(東京理科大学)

11:00-11:50

2.自動運転におけるヒューマンファクター的課題

稲垣敏之(筑波大学)

13:00-13:50

3.自動車アセスメント事業と自動運転

宇治橋貞幸(日本文理大学・国土交通省自動車アセスメント検討会座長)

13:50-14:40

4.鉱山オペレーションの最適化と無人ダンプシステム(仮題)

森山 雅之(コマツ 専務執行役員)

15:00-15:50

5.遠隔操船型自律航行船(仮題)

清水悦郎(東京海洋大学)

15:50-16:40

6.法工学の視点からみた自動運転の事故(仮題)

近藤惠嗣(福田・近藤法律事務所)

16:40-17:30

7.社会学経済学からみた自動運転社会(仮題)

藤本隆宏(東京大学大学院 経済学研究科)

17:30-17:40

8.日本機械学会「自動運転に関する分野横断型分科会」幹事挨拶

 

定 員 50名

 

教 材

教材のみご希望の場合の方,または聴講者で教材を余分にご希望の方は.1冊につき会員2,500円,会員外4,000円で頒布いたします

ので,開催前に予約申込み下さい.講習会終了後に発送いたします.下記URLよりお申し込み下さい.

https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-100

会場
東京理科大学 森戸記念館 第2フォーラム 
会場URL
https://www.tus.ac.jp/facility/morito/
参加登録費

聴講料

会員および協賛団体会員16,000円(博士後期課程在学中の会員は学生員の聴講料となります.学生員から正員へ資格変更された方

は,卒業後3年間,学生員価格で聴講することが可能です.

希望される方は申込時にその旨を通信欄に記載の上,学生員の価格でお申込下さい)(学生員3,000円)

会員外27,000円(一般学生4,500円).いずれも,教材1冊分を含みます.

申し込み先

下記よりオンライン申し込みをお願い致します.

https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-100

よりお申し込みの上,聴講料をご送金下さい.

なお,当講習会では銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせて頂き,聴講券(兼領収書)は発行致しませんので,

当日はお申込み時の自動返信メールを印刷の上,会場受付までお持ち下さい.

本会所定の領収書がご入用の場合には、以下をご参照の上、別途お申し込み下さい.

http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/02/receipt.html

問い合わせ先

日本機械学会 担当 小阪

電話(03)5360-3500,FAX(03)5360-3508,

E-mail:kosaka@jsme.or.jp

イベント一覧へ