一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第32回「M&Pサロン」

2018年9月04日 | 機械材料・材料加工部門講習会No.18-108 

企画  機械材料・材料加工部門

開催日 2018年9月4日(火)18:00~19:30

 

趣旨

 最近、3Dプリンティングが「IoT、Industrie 4.0、つながる工場など」の新しい「ものづくり」との関わりから大きな期待が

寄せられている。しかし、そのプリント物 (造形物)材料の完成度は必ずしも高いものではなく、「3Dプリンターによるもの

づくり」が将来大きく発展するためには、ユーザーが求める性能を有する材料の開発にかかっていると言っても過言ではない。

本講演では特に材料の観点から現状と課題を整理すると共にその動向を探る。

 第32回「M&Pサロン」の講演では,「3Dプリンターの材料に関する現状と動向」について話題提供いただき、参加者の方々と

気軽に自由討論していただきます。奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

 

題目  「材料から見た3Dプリンティングの現状とその動向」

講師  萩原 恒夫 氏

(横浜国立大学 成長戦略研究センター 連携研究員)

 

定 員    40名

会場
東京工業大学(大岡山キャンパス)南1号館 215号室
会場URL
https://www.titech.ac.jp/maps/
参加登録費

参加・資料代費

会員1000円,会員外2000円,学生・院生無料

参加費は,当日会場にてお支払いください.

申し込み先

①氏名,②所属,③勤務先住所,④電話番号,⑤会員資格の有無(会員の方は会員番号を記入して下さい)記入の上,

担当者 市原 (ichihara@jsme.or.jp/03-5360-3509) までE-mailにてお申し込みください.

なお,当日の自由参加も受け付けいたします.終了後,講師を囲んで懇親会(実費)を行います.

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/mpd/

イベント一覧へ