一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

VE/VRを用いた設計・開発・ものづくりの新しい検討手法の紹介

2018年11月21日 | 設計工学・システム部門講習会No.18-120

[開催日] 2018 年 11月 21日(水)

[協賛](予定)自動車技術会,精密工学会,日本設計工学会,日本計算工学会,日本シミュレーション学会,日本バーチャルリアリティ学会

[会 場]  AP東京八重洲通り 13階 Bルーム

 

主 旨 

Industry 4.0や,IoT等のDigitalを用いたビジネスの動きや新しい開発/ものづくりの話題が毎日,聞こえてくる昨今です.その動きの関連として「距離/時間/要素を同一の場」で検討できる共通CAD/CAM/CAE/の駆使可能な3Dデータ環境としてVE(Virtual Engineering)が注目を集め,加速展開がはじまっています.機械学会D&S部門では2013年以来,VEとVR(Virtual Reality)の動向と活用検討を講習会で,紹介して来ました.本年も,3Dデータ活用のVE/VRポテンシャル最新状況の説明を行うとともに,今後の動向についての指針の一部を示す予定です.

 

題 目
司会:機械学会D&S産学連携委員会委員  内田孝尚
 

  1. 10:00-11:00 

「新時代のものづくりとVR」

東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授 廣瀬通孝

[内容]

VRをはじめとするリアルとバーチャルの境界領域に存在する一連の技術群が今後ひきおこすであろう社会変革は,いわゆるインダストリー4.0の概念よりもずっと広汎なものである.本講演ではVR技術の現状と将来についてまとめた上で,新しい産業構造の在り方や方向性について,具体的事例を交えて考えてみたい.

 

  1. 11:05-12:00

「Virtual Engineering時代の政策と世界の動向」

経済産業省 製造産業局 長谷川 洋

 

 12:00-13:00 休憩(昼食)

 

  1. 13:00-14:00

「電気設計からみた繋がる製造プロセスの構築とVE/VRのこれからの運用についての提案」

EPLAN Software & Services(株) 井形哲三

[内容]

インダストリー4.0の効果で繋がる仕組みが注目されている。電気設計者は何故日本では孤立しているのか?何故3D化(VR化)してメカトロニクスまで発展できていないのかをドイツの事例を紹介しながら、標準化とデータの再利用を例に説明いたします。

 

  1. VR活用の開発/ものづくり

1) 14: 05-14:45

「DMUを活用した開発・生産準備の見える化」

スズキ(株) 西澤俊彦

[内容]

2輪車や4輪車の開発や生産準備で車両全体のDMUを活用しています。そのDMUデータを活用した業務改善と効率化の取組みについて紹介します。

 

2)14:50-15:30

「四輪開発/生産連携におけるバーチャルリアリティの世界の流れ」

(株)本田技術研究所 西川 活

[内容]

「四輪開発/生産連携におけるバーチャルリアリティの量産準備活用」について,本田技研 鈴鹿製作所と本田技術研究所鈴鹿分室での現場導入チャレンジ、また、自社以外の産業界/学術関係者との交流とその後の展開等、説明を行います。

 

休憩  15:30-15:40

 

4. 15:40-16:40

「バーチャル環境と現実環境における空間認知行動の違いと補正」

東海大学 情報通信学部 情報メディア学科 教授 濱本和彦

[内容]

バーチャルリアリティは様々な分野で利用が進んでいるが、その空間を構成する環境情報は、空間認知と行動に影響を与える。特にバーチャルリアリティをトレーニングに利用する場合などは、この環境情報と認知行動の関係は重要な検討要素となる。本講演では、現実環境とバーチャル環境において、空間認知行動がどのように異なるかについて述べ、その違いを小さくするためのバーチャル環境の条件について考察する。

 

  1. 16:40-17:00

本日のWrap Up

機械学会産学連携推進委員会 内田孝尚

[内容]

質疑応答&まとめ

 

[定員] 70名 ※先着順となります.

 

[教材]

教材のみ希望の場合は,また聴講者で教材を余分にご希望の方は
Web (https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-120) からお申し込み下さい.
1冊につき,会員 2,000円,会員外 3,000円にて頒布いたしますので,開催前に予約申込み下さい.講習会終了後発送いたします.

 

会場
AP東京八重洲通り 13階 Bルーム
会場URL
https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yaesu/ya-base/
参加登録費

[聴講料]

会員 10,000円(学生員5,000円),会員外 15,000円(一般学生7,500 円)

※いずれも教材1部を含みます.

※協賛団体会員の方は会員と同様の料金にてお申込み可能です.

※学生員から正員資格へ変更された方は,変更後3年間,本会講習会へ学生価格にてご参加できます.申込フォームにて,「正員(学生員から正員への継続特典対象者)」を選択し,通信欄に[卒業年]と[学校名]を記載下さい.

※特別会員としてお申込み予定の方につきましては,事前に行事参加料割引券を下記担当までお送り下さい.

 

[支払期限]

原則、講習会開催10日前まで.別途、送金日をご連絡下さい.

また,当講習会では銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせて頂き,聴講券(兼領収書)は発行致しませんので,当日はお申込み時の自動返信メールを印刷の上,会場受付までお持ち下さい.

本会所定の領収書がご入用の場合には https://www.jsme.or.jp/test/ をご参照の上,別途お申し込み下さい.

申し込み先

https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-120 から御願いします.

  1. 請求書発行希望の方は請求書宛名をご記入下さい。
  2. 当日現金でのお支払いをご希望の場合は「現金書留」をご選択の上、備考欄に当日受付希望とご記入下さい。
問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会
設計工学・システム部門担当職員 上野晃太
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階
電話 03-5360-3505 E-mail: ueno@jsme.or.jp

イベント一覧へ