一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

アクチュエータシステムの基礎と応用 -モーションコントロールから生体・情報・感情制御への展開-

2018年11月26日 | 機素潤滑設計部門講習会No.18-118

(機素潤滑設計部門 企画)

 

[協賛(予定)日本AEM学会,計測自動制御学会,精密工学会,日本設計工学会,日本ロボット学会,日本フルードパワーシステム学会,自動車技術会]

 

開催日 2018年11月26日(月)

 

趣 旨

産業機械、輸送機械から福祉機器にいたる我々のまわりの産業で活躍する機械では、多数存在する可動部に対して大小様々な

アクチュエータが使用されています。特殊な装置・機器になると、その特殊性に合わせて既存のアクチュエータに代わって新しい

原理のアクチュエータが要求されています。装置・機器開発の成否は、使用されるアクチュエータにかかっているといって過言では

ありません。

本講習会では、アクチュエータの原理として使用される圧電、電磁、超音波の基礎を学んだ後に,それらの応用について最新の話題

を提供します。すなわち、精密なモーションコントロール、球面モータ、細胞培養、触覚刺激による感情制御、生体に学ぶ新しい

環境適応制御などを取り上げます。以上の分野の第一線で活躍する講師がわかりやすく解説します。新たな機器や駆動システムの

設計・開発を目指す技術者、研究者、学生の皆様には、アクチュエータシステムの基礎から最先端の情報まで全て学ぶことができ

るまたとない機会となります。奮ってご参加下さい。

 

題目・講師

8.45                             受付開始

9.00-10.20                  「圧電アクチュエータの基礎と応用機構」古谷 克司(豊田工大)

(休憩)

10.30-11.50                「電磁アクチュエータの基礎と将来展望」矢野 智昭(JAXA)

13.00-14.00                「超音波アクチュエーション技術の細胞培養への応用」竹村研治郎(慶応大)

14.00-15.00                「触譜をもちいた触覚刺激による感情・感覚応答制御」鈴木 泰博(名大)

(休憩)

15.10-16.10                「アクチュエーションにより知る環境情報」下田 真吾(理化学研究所)

16.10-17:10                「錯覚のアクチュエーション」大岡 昌博(名大)

 

定 員  40名、申込み先着順により定員になり次第締め切ります。

会場
名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー ベンチャーホール[名古屋市千種区]
会場URL
http://www.vbl.nagoya-u.ac.jp/
参加登録費

会員16 000円,会員外26 000円,学生員5 000円,一般学生7 000円

 

いずれも配布資料1部を含みます.開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.

以降は定員に余裕がある場合当日受付をいたします.

なおご入金後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.

協賛団体会員の聴講料は会員と同じです.

 

※学生員から正員資格へ変更された方は,卒業後3 年間,本会講習会への聴講は学生員価格にて参加が可能です.

下記申込先フォームの会員資格は「正員(学生員から正員への継続特典対象者)※学生員として入会後、正員継続3年の以内の方」

を選択し,卒業年と卒業された学校名を記載下さい.

 なお,当講習会では,配布資料のみの販売はいたしません.

申し込み先

本会ホームページ

https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index&gyojino=18-118

よりお申し込みの上,聴講料をご送金下さい.

なお,銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせていただきます.

本会所定の領収書がご入用の方は以下をご参照下さい.

https://www.jsme.or.jp/receipt/

問い合わせ先

機素潤滑設計部門 担当職員

金子/電話(03)5360-3504/E-mail kaneko@jsme.or.jp

イベント一覧へ