一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

「自動車運動力学」~気持ちよいハンドリングのしくみと設計~(動画解説付)

2018年12月21日 | 交通・物流部門セミナーNo.18-153

(主催:日本機械学会 交通・物流部門)

〔協賛:自動車技術会,計測自動制御学会,システム制御情報学会〕

日本機械学会 交通・物流部門 自動車技術委員会,自動車技術会車両運動性能部門委員会・タイヤ/路面摩擦部門委員会共同企画

 

開催日 2018年12月21日(金)

 

趣 旨

自動車の操縦安定性は,ハンドリングの気持ち良さを筆頭に,限界性能や諸安定性等多数の性能項目からなります.

したがってより良い操縦安定性の性能設計のためには,「気持ち良さ」を運動学的に理解した上で,全性能を俯瞰することが有効で

あろうと考えます.そこで本セミナーでは,その全貌を,酒井英樹著「自動車運動力学~気持ち良いハンドリングのしくみと設計」

の内容を基に,著者作成動画を交えながら,「お気楽に」語ります.本セミナーが想定する受講者は,操縦安定性やタイヤ,操舵

系,サスペンション,タイヤ,制御システムに携わる自動車メーカーやサプライヤーのベテラン~若手エンジニアの方,そして操縦

安定性に興味のある学生の方です.受講に必要な学力は,高校+αの力学と数学ですので,お気軽に受講できるかと存じます.なお

本セミナーは,会場使用の条件として利益が出ないように企画されています.

 

内 容   9:30~16:45 (途中適宜休憩) 開場は9:15です.

・車両のモデル化:他社比較可能な表記法~ヨー慣性半径係数とコーナリング係数~/注意を要する操舵系弾性

・定常円旋回性能:尻流れ感と舵角の大小

・腰で感じる後輪の横力発生:グリップ感(ヨー進み時定数モードと横加加速度)

・手で感じるハンドルからの力:後輪の横力発生が操舵反トルクに現れるしくみ/操作感の評価指標群

・手で感じるハンドルの動き:操舵系の固有振動数と減衰比/力で操舵したときの不安定現象とそのモード

・目で感じる車体の傾き:ロールの大きさ/旋回時のピッチングによる錯覚

・スポーツ走行性能:加減速時の旋回限界/FF,FR,RR(MR)の特徴と車両企画

・動的応答の基礎:ヨー共振とそのモード

・限界性能の基礎:スピン(オーバー)とプラウ(アンダー)/スラローム時の限界/耐転覆性能

・旋回時の減速安定性:タックイン・旋回制動(減速によるヨーモーメントとコーナリング係数変化)

・外乱安定性:車両流れ/轍路安定性

・性能設計:上記性能と設計諸元の関係/諸性能の両立法/設計変数の決定順序

 

講 師    近畿大学工学部 酒井英樹

会場
近畿大学東京センター大会議室(中央区八重洲1丁目8−16新槇町ビル13階)
会場URL
http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/tokyo-office/access.html
参加登録費

会員・協賛学会会員2,000円,会員外3,000円,学生員・協賛学会学生員1,000円,一般学生2,000円

当日会場にて申し受けます

申し込み先

下記ページから2018年12月10日(月)までにお申込み下さい.定員(約40名)になり次第締め切ります.

https://goo.gl/forms/nnhnzhUrYEs54CUM2

問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会 交通・物流部門 担当 滝本(たきもと)

TEL:03-5360-3510 FAX:03-5360-3508 E-mail: takimoto@jsme.or.jp

イベント一覧へ