一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

昇降機・遊戯施設等の最近の技術と進歩

2019年1月17日 | 交通・物流部門講演会No.18-114

(日本機械学会 交通・物流部門 企画)

〔協賛 電気学会,日本エレベーター協会,日本アミユーズメントマシン協会〕

 

開催日 2019年1月17日(木)

 

開催趣旨

昇降機は便利な縦・横の移動手段として,また,遊戯施設は楽しい娯楽手段として,様々な人に利用されています.

また,時代のニーズに応えるため,安心,安全性,快適性,高速化,大容量化,省エネルギー,省スペース,地震対応,災害時の

昇降機利用等,多方面にわたる研究・開発・実用化が日々行われています.

この講演会は,昇降機,遊戯施設などに関係する方のみならず,広く様々な技術分野の方々にも貢献することを目的に開催します.

 

講 演

(1)特別講演

(2)一般講演

講演時間:講演20分,討論 5分 計 25分

(3)○印の方が講演発表者です.

(4)連名者で所属が省略されている方は,前者と同一です.

 

9:10~ 受付開始

 

9:40~9:45 挨 拶

交通・物流部門昇降機・遊戯施設技術委員会委員長

皆川 佳祐(埼玉工業大学)

 

セッション1「解析」

9:45~11:00〔座長 安部 貴(日立製作所)〕

101 エレベータ釣合車の巻上機ブレーキ制動時における上下変位評価

○渡辺 誠治(三菱電機),大川 剛矢

102 エスカレータ支承部の簡素化構造立案における最適計算手法

○吉田 幹(東芝エレベータ),石川 佳延,岩井 俊憲,覚地 武夫(東芝ITコントロールシステム),村上 満洋(東芝インフラシステムズ),

103 エレベータ用ワイヤロープの簡易解析手法開発に向けた径方向圧縮試験

○中谷 起也(東大),山際 謙太(労安研),泉 聡志(東大),波田野 明日可

 

【特別講演】11:10~12:10 〔司会 皆川 佳祐(埼玉工業大学)〕

「2020に向けた公共交通機関のバリアフリー整備ガイドライン見直しについて」

澤田 大輔((公財)交通エコロジー・モビリティ財団)

 

12:10~13:25 昼休み

 

セッション2「センシング・快適性」

13:25~14:40〔座長 染谷 誠一(東芝エレベータ)〕

104 エスカレータハンドレール内スチールコード診断装置

○松本 俊昭(日立ビルシステム),小平 法美,大西 友治,神鳥 明彦(日立製作所),馬場 理香,松崎 和喜

105 画像処理を用いたエレベータロープ点検装置の開発

○加藤 充(日本オーチス・エレベータ),小野田 立志,野田 祥希(明電舎),庄司 豊

106 高速エレベータ用気圧調整パターンの決め方

○北村 美和子(フジテック),中川 淳一,張 燕莉(上海富士達電梯研発有限公司),新井 晋治(フジテック)

 

セッション3「ロープ振れ」

14:50~16:30〔座長 渡辺 誠治(三菱電機)〕

107 変位拘束部材を有するエレベータ・ロープの振動解析(変位拘束部材が両端部付近を除き均等に配置された場合)

○木村 弘之(富山大),神谷 昌史

108 エレベータ走行時のロープ振れ解析

○佐藤 功一(フジテック),大野 佑輔,中川 淳一,新井 晋治

109 高層建築物横揺れ時に主ロープからエレベータに働く力に関する研究

○平井 壮太(東京農工大学),鎌田 崇義,田中 和宏(東芝エレベータ)

110 リスク情報を用いた中間乗換え階によるエレベータロープの応答低減に関する基礎的検討

○玉城 涼子(東電大院),藤田 聡(東電大),田中 和宏(東芝エレベータ),志岐 知洋,岡村 茂樹(富山県大)

 

講演論文集

本行事終了後は論文集の販売はいたしませんので,入手ご希望の方は本行事に参加いただくか,または開催前に下記より予約申込みをして下さい.講演会終了後にお送りいたします.会員価格2500円,定価4000円,協賛団体会員は会員価格にて頒布いたします.http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm

 

その他 講演のビデオ撮影はご遠慮下さい.

会場
日本機械学会会議室(新宿区信濃町)
会場URL
http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/01/11.html
参加登録費

会員は  正員:5,000円, 学生員:2,000円

会員外は 一般:10,000円,学生:3,000円

(全て講演論文集1冊を含みます.)

(1)参加申し込み及び参加登録費は当日会場受付にて承ります.

事前登録はありません.

(2)学部及び修士課程学生を学生といたします.

(3)協賛団体会員の参加登録費は上記会員と同額です.

問い合わせ先

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地,信濃町煉瓦館5階

電話(03)5360-3505,FAX(03)5360-3509

日本機械学会 交通・物流部門(担当職員 滝本 真也)

イベント一覧へ