一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第52回バイオサロン

2018年12月13日 | バイオエンジニアリング部門特別講演会No.18-164

開催日時        2018年12月13日(木)15:00~16:30

企 画          バイオエンジニアリング部門

 

趣 旨

【題目】卵子の品質評価

【講師】村山 嘉延(日本大学 工学部 電気電子工学科 准教授)

【内容】

卵子に限らず、細胞の生と死の境界は生命科学の深遠なるテーマのひとつである。ところが、細胞は個体から切り離された状態で研究され、実験終了後には処分されるのがほとんどであり、細胞が健全な状態で生きていたと結論づけるのは難しい。この意味で、卵子は単一の細胞でありながら個体でもあり、母胎に移植して産仔を得ることで「自然な状態で生きていたと結論できる」ユニークな実験系であるといえる。

加えて面白いことに、この卵子の研究では、細胞の生死の判断でさえ難しいというのに、健康診断のように品質を評価したいという必要性が高まっている。その背景には、ヒト生殖補助医療における選択的単一胚移植の必要性がある。母子共に重大な合併症のひとつである多胎妊娠を防止するために子宮に移植する胚の数を減らすべきとの世界的認識を受け、本邦においても「35歳未満の患者に対する初回の移植では1個に制限する」とのガイドラインが発表された。これにより、体外受精させた複数の受精卵から優良胚を一つだけ選択する必要性が新たに生じている。

いのちとなる卵子からRNAやタンパク質を採取することはできない。エックス線やレーザー光、可視光ですらも細胞に損傷を与える。そのような制約の中で、どのようにすれば卵子の品質を評価できるだろうか。最近の研究動向について、私の研究成果や仮説、夢を交えながら紹介し、皆様方と議論できればと思っています。

 

【司会】長山 和亮(茨城大学 工学部 機械システム工学科 教授)

【定員】50名

会場
郡山市立中央公民館 講義室4
会場URL
https://www.city.koriyama.fukushima.jp/541000/bunka/riyo.html#akusesu
参加登録費

正員 2,000円  一般 3,000円   学生員 無料   一般学生 1, 000円(税込)

申し込み先

E-mailにて「第52回バイオサロン参加申込み」と題記し,1)氏名・会員資格,会員番号2)勤務先・所属部課・所在地・電話・

E-mailをご記入の上,下記部門担当者にお申し込み下さい.一般学生の方は学校名と学年(課程)を明記下さい.

問い合わせ先

問合せ・申込先

日本機械学会 バイオエンジニアリング部門(担当職員 大竹英雄)

電話(03)5360-3500/FAX(03)5360-3508/

E-mail:otake@jsme.or.jp

申込締切
2018年12月11日

イベント一覧へ