一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

イブニングセミナー(第224回)幕末の城 -最後の日本の城郭-

2018年12月19日 | 技術と社会部門セミナーNo.18-144

企画              技術と社会部門

開催日          2018年12月19日(水)18.00~20.00

 

趣旨

技術はいま,資源,環境問題をはじめ,巨大化とブラックボックス化による人間疎外の傾向に関して多くの批判にさらされている.技術が受け入れられて発展するのも,拒絶され衰微するのも,また技術者の社会的地位のあり方も,社会との深い関わりの中にあることは明らかである.

われわれが新しい時代を担う責任ある技術者であろうとするならば,人間についての深い洞察を持つとともに,社会の動きを正しく見極めなければならない.

技術と人間,技術と社会の関わりについて現状を理解し,将来を展望することを目的とする.

 

講演テーマおよび講師

日本の城の歴史をたどると、弥生時代の環濠集落にたどり着く。環濠集落とは佐賀県の吉野ケ里遺跡などである。その後、発展を遂げ織田信長、豊臣秀吉などが創出した近世城郭まで発展する。

この近世城郭こそが普通の人が思い描くいわゆる城なのである。その近世城郭は当時の世界レベルの城であった。だが徳川家康の天下再統一でその進歩は止まり、かつての城を退歩していった。

だがペリー提督の来航により、事態は急変した。ヨーロッパ諸国に劣らぬ銃砲や城を築く必要に迫られた。技術者たちはヨーロッパ諸国の「築城書」をもとに何とか築城したのである。

それが有名な函館の五稜郭、東京の品川台場である。ところが全国的に見れば、各藩も海防用の台場は千を超える数が築かれたという。

今回のお話はこの「幕末の城」をテーマにお話ししたい。

 

講師:八巻 孝夫(中世城郭研究会 代表)

 

懇親会

明治大学アカデミーコモン1階の「カフェパンセ」にて,講師を囲んで懇親会を行います.

セミナー後に懇親会場にて受付.参加会費は3,000円,学生は半額.

 

次回以降の予定:

2019年1月30日(水) 「仮題:建物は使ってこそ生きる-自由学園の文化財経営-」福田 竜

2019年3月27日(水) 「テーマ:水族館の魅力」杉村 誠(新江ノ島水族館)

2019年4月24日(水) 4月より会場が秋葉原(首都大東京 秋葉原サテライト)に変わります.

会場
明治大学理工学部駿河台キャンパス(リバティタワー15階1153教室)
会場URL
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
参加登録費

正員 1,000円(学生員 無料),会員外 1,500円(一般学生 500円)

当日会場にて受け付けます.

申し込み先

「No. 18-144 イブニングセミナー(第224回)申し込み」と題記し,

(1)会員資格(会員番号),(2)氏名,(3)勤務先・所属,

(4)連絡先(郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)を明記の上,E-mail

またはFAXにて下記までお申し込みください.

※事前申込みは開催日前日まで.それ以降は当日会場にて承ります.

 

申込先 日本機械学会(担当職員 大橋 江利奈)

E-mail:ohashi@jsme.or.jp,FAX: (03)5360-3508

問い合わせ先

KoPEL 小西 義昭/TEL:080-4092-0020

明治大学 村田 良美/TEL:044-934-7350

E-mail:ysk.konishi@nifty.com/murata@isc.meiji.ac.jp

関連サイト
https://www.jsme.or.jp/tsd/

イベント一覧へ