一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

[受付終了]COMSOLによるマルチフィジックス解析 - 基礎からの実習と最新の活用事例紹介 –

2019年10月25日 | マイクロ・ナノ工学部門講習会No.19-367

[本講習会は定員に達しましたので、参加受付を終了致しました]

No.19-367

企画   マイクロ・ナノ工学部門

開催日 2019年10月25日(金) 10:00~17:00

 

◆趣旨

シミュレーション技術を活かしたマイクロ・ナノデバイス設計の高度化と開発期間の短縮を狙い、有限要素法を用いた設計手法の

講習を行う。マイクロ・ナノ工学分野は学際色が強く、従ってマルチフィジクスシミュレーションを求められる場合が多い。

そこで、マルチフィジックス計算に定評がある汎用有限要素法ソルバのCOMSOLを例にとり、基礎知識の講習、および例題を解き

ながら具体的な解析手順を実習形式で学ぶ。

 

◆プログラム

10:00 【技術講演: COMSOLを用いた設計の事例紹介(仮)】

発表・質疑応答 各25分

1)「誘電泳動を例とした流体中での電気的操作におけるバイオ粒子の動きの可視化」

東京工業大学 山本 貴富喜 准教授

2)「圧電-構造連成解析による圧電型振動発電MEMSデバイスの発電量評価」

群馬大学 鈴木 孝明 教授

3)「誘電体メタ表面の電磁場解析と東工大0での利用」

東京農工大学 岩見 健太郎 准教授

4)「マイクロ流体デバイスでの熱・流体・物質輸送の連成シミュレーション」

東京理科大学 元祐 昌廣 准教授

12:00     昼食,休憩

13:00【COMSOL概要】

1)有限要素解析について

2)広範囲なフィジックスの取り扱い事例紹介

マイクロ流路、マルチスケール解析、トポロジー最適化など

3) 多重物理連成の考え方とGUI

モデル開発からアプリ配布まで

14:10【COMSOL実習 前半】

各自与えられたPCを用いて*1、いくつかの例題を解きながら有限要素法によるシミュレーションの流れを学びつつ、COMSOLの

使い方を体得する。

①熱流体:伝熱を伴う流体流れの課題を扱います。

② 流体-構造連成:水平方向の流れ場中の構造物が変形する挙動を扱います。

15:10 休憩

15:20【COMSOL実習 後半】

③熱分解反応:化学反応を伴う質量収支にエネルギー収支及び運動量収支の連成を扱います。

16:40 Q&A,技術相談

17:00 終了 (個別の技術相談があれば18時まで応じます)

*1 申し込み順で10台までは貸し出し可能。他は各自のラップトップPCを持ち込み。

 

◆連絡事項

  1. 申し込み順で先着10名までは学会の方でPCを用意可能です。希望者は申込時に「通信欄」に「PCの貸与希望」とご記入下さい。先着に間に合わなかった方、あるいはご自身のPCで受講したい方は、各自のPCをお持ち下さい。
  2. ノートPC持ち込みの場合には、以下の点ご留意下さい。
    ・CPU:Intelのマルチコアタイプを推奨(Core i5以上)。
    ・メモリ:8GBまたはそれ以上を推奨。
    ・GPU:Intelのオンボードタイプでも動作可。
    ・HDD/SSD:256GBまたはそれ以上。
    ・OS:Windows7-SP1/8.1/10、Home版でも動作可能、Pro版推奨。
  3. 約1週間前を目処に、受講者全員に対してCOMSOLのデモライセンスを発行します。特にご自身のPCで受講される方は事前に インストールお願いいたします。ライセンスは1ヶ月間有効なので、講習会後の復習等にお役立て下さい。
    OSはWindowsおよびMacintoshでご利用可能です。
  4. 昼食は近隣の飲食店やコンビニをご利用下さい。会場内での飲食は可能です。

◆定員  15名程度

会場
日本機械学会 第3・第4会議室(新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階)
会場URL
https://www.jsme.or.jp/about/about-jsme/access/
参加登録費

機械学会会員20,000円,会員外30,000円,学生員5,000円,一般学生10,000円

※いずれも配布資料1部を含みます。配布資料のみの販売はございません。

※学生員から正員資格へ変更された方は、変更後3年間、本会講習会へ学生員価格にてご参加できます。申込フォームにて、「正員(学生員から正員への継続特典対象者)」を選択し、通信欄に[卒業年]と[学校名]を記載下さい。

※特別員としてお申込みの方につきましては、「通信欄」に「行事参加料割引コード」をご記入下さい。

申し込み先

定員に達したため、受講受付を終了致しました。

本会ホームページ https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index よりお申し込みの上、参加費をご送金下さい。

ご入金後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います。

 

なお、銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせていただき,参加券は発行いたしませんので、本会所定の領収書がご入用の場合には、http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/02/receipt.htmlをご参照の上、別途お申し込み下さい。

問い合わせ先

◆参加に関しての問合せ先

日本機械学会 大通千晴 daitsu(at)jsme.or.jp 電話03-5360-3504

 

◆内容についての問合せ先

内容に関するお問合せ : 山本貴富喜 yamamoto.t.ba(at)m.titech.ac.jp 電話 03-5734-3182

 

事前インストールに関する問合せ

技術サポート
03-6273-7220 (平日 9:00-12:00, 13:00-17:00)
E-mail: support@kesco.co.jp
COMSOL Multiphysicsテクニカルサポートリクエスト
https://kesco.co.jp/service/comsol/inquirytech/

イベント一覧へ