一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

理工系大学生・大学院生・高専生を対象としたセミナー 『 ものづくり最前線 』

2023年3月09日 - 2023年3月09日 | 生産加工・工作機械部門対面開催特別講演会No.23-25

( 生産加工・工作機械部門 企画 )

・ 日 時 : 2023年 3月 9日(木) 13:30 ~ 16:30
・ 会 場 : 日産自動車株式会社 横浜工場
・ 内 容 : 工場見学(新型コロナの感染状況によって,セミナー内容が変更になる場合があります)
・ 対 象 : 機械工学に興味を持つ大学生・大学院生・高専生
・ 定 員 : 20名( 満員になり次第締め切ります )
・ 参加費 : 無 料
・ 趣 旨 :
機械工学を学び,また研究されている皆さんを対象に企画しているセミナー『ものづくり最前線』を今年も開催いたします。今年度も,工場見学と技術講演を主体とした対面式開催を予定しており,参加者は五感を使って学ぶことができます(ただし,感染状況しだいでオンラインへ変更の可能性もあります).機械工学は,わが国の基幹産業を支える重要な工学分野として発展を遂げてきました.特に,『ものづくり』を実現するさまざまな技術は,日本の製造業文化の中心的な役割を担っています.変化の激しい世の中にあって,新たな工業製品や顧客価値を創出するために欠かせない『ものづくり』の役割は,ポストコロナ社会でもますます高度化し多岐にわたっていくことでしょう.今回は,日産自動車・横浜工場を訪問し,最新の自動車生産技術と製造工程を見学させて頂きます.例年,聴講した皆さんから『就職活動をするうえで大変参考になった』,『自分の考えていた企業のイメージと実際の姿が違っていることがわかった』,『ものづくりを見る価値観が変わった』などの好評の弁が聞かれます.是非本セミナーにご参加ください.

・ アクセス:JR京浜東北線「新子安駅」集合,日産手配のバスによる移動
12:55 新子安駅 集合, 13:00出発

・ プログラム :
【 開会のあいさつ 】/ 13:30 ~ 13:35

【1】日産横浜工場パワートレインライン概要説明/ 13:35 ~ 14:00
日産自動車横浜工場では約54万㎡の敷地で3地区に分かれてエンジン、モーター、サスペンション部品という自動車の最重要部品を生産しています。今回の工場見学では、エンジン部品に使用されるアルミ部品の鋳造工程および鋼材部品の鍛造工程、および電気自動車などに使用されるモーターの組立工程の見学を通して、最新の自動車生産技術をご紹介します。

【2】工場見学 / 14:00 ~ 16:00
最新の自動車の製造工程に関して、参加者をグループ分けして見学いたします。見学中に気になった点は,その場で質問することも可能です

【3】質疑応答/ 16:00 ~ 16:25
見学で気になった技術課題や、技術課題以外にも聞きたかった疑問点について、参加者から質疑を受け付けます。企業のエンジニアに直接質問できる貴重な機会を提供します。

【 閉会のあいさつ 】/ 16:25 ~ 16:30

終了後:日産手配のバスによる移動, 17:00頃 新子安駅 解散 (道路事情により前後します)

・ お申込みの際の注意事項:
1. 新型コロナの感染状況によって,セミナー内容が変更になる場合があります.
2. 当日は全員でバス移動しますので,集合時間を厳守してください.
3. 参加者はバスおよび会場における新型コロナウイルスの感染対策に従ってください.具体的には,手指のアルコール消毒,検温,マスク着用などの感染対策へご協力ください.
4. 予定変更などにより参加ができなくなった場合には,速やかにその旨をご連絡ください.
5. 当日に発熱や体調不良などを感じたら,主催者へ連絡の上,参加は取りやめください.
6. 当日の講演および工場見学中は,撮影および録音などの記録は禁止いたします.

・ 申し込み方法:
下記WEBサイトより、お申込み下さい。WEBサイトへアクセス出来ない場合は、所属の大学名・学部・学科・学年・氏名・メールアドレス・電話番号・資料送付先のご住所を下記佐藤へご連絡下さい。
https://forms.gle/bP1nj1emiWqfEQC8A
日本機械学会 生産加工・工作機械部門(担当職員 佐藤彩乃)
E-mail:sato@jsme.or.jp
・ 問合せ先 :
東京大学 生産技術研究所
教授  吉岡勇人
E-mail: yoshi-ok@iis.u-tokyo.ac.jp
・ 申込締切日 :2023年 3月 2日(木)

会場
日産自動車株式会社 横浜工場
申込締切
2023年3月02日

イベント一覧へ